濃縮還元ジュースとストレートジュースの違いは?栄養に差あり?

果汁100%のジュースというと、いかにも体に良さそうですが、パッケージをよく見ると

【濃縮還元ジュース】
【ストレートジュース】

と書いてある商品があります。

実際のところ、この二つの違いはどこにあって、栄養的に差はあるのでしょうか。

それぞれの長所と短所をふまえ、濃縮還元ジュースとストレートジュースの違いについてご紹介します。

濃縮還元ジュースとストレートジュースの違い


濃縮還元ジュースとストレートジュースは簡単に言うと製法の違いなんです。

それぞれの製法について詳しくご紹介すると

・濃縮還元ジュース
濃縮還元とは、一度絞った果汁の水分を飛ばした後、再び水分を加える製法。

この方法の長所は、水分を飛ばすことで果汁の総容積を減らし、運搬の利便性を高めることにあります。

こうすることでコストカットができ、保存性も向上!

また、原料となる果実の品質にばらつきがある場合でも濃縮・還元ジュースなら安定した品質で味も一定に保つことができ、より安定した商品の供給が実現します。

短所としては、濃縮・還元の過程で飛んでしまった香りを補うために、香料を加えている点と

果汁100%と表記されていたとしても、果実の種類によっては最大5%以下の加糖が認められている点があげられます。

さらにビタミン類を後から添加することも許されているため、自然の果実そのままというわけではないことになります。

そしてもう一つ、材料になる果実の原産国の問題があります。

海外で果実が濃縮加工されたものが日本に輸入され、日本で還元されてジュースになった場合、そのジュースは日本製のものとして販売されてしまいます。

なので、消費者は原料となる果物の原産国がわからないまま、日本で製造されたジュースとして購入する事になります。

ストレートジュース
これに対しストレート果汁は、絞った果汁そのものをそのまま濃縮せずに、加熱殺菌して市場に出回っています。

濃縮・還元することで損なわれる香りや風味を、そのまま味わえるのが特徴で、濃縮還元ジュースよりも生の果実に近い味わいが楽しめるのが特徴★

ただし、保存性が悪く広い地域に商品を提供できないことや、価格が高くならざるをえないのが難点といえます。

栄養価に違いはあるの?

気になるのはこの二つのジュースの栄養価に違いがあるかどうか、という事ですが、結論としてはほとんど違いはないと言われています。

よくある誤解として、濃縮・還元ジュースの方が、ビタミン類が少ないのではないかというものですが、そんなことはありません。

濃縮・還元ジュースも、ストレートジュースも、両方加熱殺菌することには変わりなく、この際に同じようにビタミンが損なわれます。

また、酸化防止剤や増粘安定剤といった添加物は両方に使用が可能なので、この二つを比較した場合に、栄養価の違いというのはほとんどないといえます。

野菜や果物は加熱する事により栄養価が失われてしまう為、最近は低速ジューサーというものが流行しています。

もし栄養を損なわずに飲みたい思っているなら、低速ジューサーで自分で作るという方法も1つの手だと思いますよ。

ダイエットにもなりますしね( *´艸`)

まとめ

濃縮還元ジュースとストレートジュースの違いについてご説明しました。

今まで何となく知っていたけど、人に説明はできない・・という方も多かったと思います(私ですw)

それぞれに長所・短所がありますが、価格や安全性を考えて自分に合った商品を選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA