強力粉が賞味期限切れでも未開封なら使える?ダニが気になる~!

私の趣味はパン作りなのですが、パン作りに欠かせない強力粉って案外お高いので、コストコで3キロをまとめ買いしていています。

まとめ買いするのはいいのですが、時間が経つとそのことをすっかり忘れてしまい、未開封のまま賞味期限が過ぎてしまいました( ;∀;)

賞味期限がすぎているとはいえ、未開封で使わないまま捨てるのは勿体無いですよね‥でも、未開封でも賞味期限がきれたものを使っても大丈夫なのでしょうか。

最近では粉類にダニが大量発生して、気づかずに食べた人がアナフィラキシーをおこしたというニュースも耳にするようになり、ちょっと怖いですよね。

そこで今日は、未開封で賞味期限がきれてしまった強力粉は、使っていいのか!?徹底的にまとめてみました。

賞味期限切れの強力粉は未開封なら使える?


結論からお伝えしますと

【賞味期限切れで未開封の強力粉は、自己責任の上で食べる事はできるが、あまりおすすめはしない】

という事です。

未開封といっても、1カ月過ぎただけの強力粉と1年過ぎた強力粉では、粉の状態も全然違ってきますよね。

まず、賞味期限とは【この日までなら美味しく食べることができますよ】という期限のことです。

そのため、賞味期限がきれてしまったからといって、すぐに食べられなくなるというわけではありません。

まずは強力粉を開封して自分の目で粉の様子を確認してみてください。

□袋に穴が空いていないか
□カビが生えていないか
□変なニオイがしていないか
□粉がダマになっていないか
□粘りがないか
□虫が入っていないか

もし、上記のような状態であれば、使用するのはやめておきましょう。

見た目には特に問題がないと判断した場合は、自己責任の元で使用する事は可能です。

ただし、賞味期限切れの強力粉でパンを作ると

・うまく膨らまない
・味が落ちてしまう

というデメリットがあるで、パン以外の料理(ピザ・うどん・クッキー等)で使う事をおすすめします。

賞味期限切れから1~3ヵ月程度の強力粉は、見た目に問題がないと使用している方もいますが、1年以上経過している強力粉は見た目に問題がなくても「心配だから‥」と使用せずに破棄している方が多く見受けられます。

このように、未開封のまま賞味期限がきれてしまった強力粉でも、自己責任の上で使用することが可能とご紹介しました。

しかし、粉もんは未開封でもダニが発生している可能性があるので、注意が必要なんです!

未開封ならダニは発生しない?

実はきちんと封をしていると思っていても、ほんの少しの隙間があればダニは進入する事ができます。

「未開封だから絶対に大丈夫!」と思うのは大間違いで、未開封でも袋を食い破ったり、小さな穴から侵入する可能性があるのです。

強力粉はビニール製の袋や紙の袋で販売されていますが、それくらいの袋ならダニは食い破ることができます。

「破られてたら気がつくでしょ~」と思うかもしれませんが、強力粉に進入するダニの大きさは0.3~0.5㎜とかなり小さく、そのダニが通れる程度のとても小さな穴を開けるので、人間が気づく事なく侵入してしまいます。

目視で確認して大丈夫だと思っていても粉の中に実は大量のダニが発生している場合があるのです(*_*)

賞味期限切れの強力粉を使っている方は意外と多いのですが、以上の事も頭に入れておき事故責任の上で使用してくださいね。

私だったら、賞味期限から1~2ヵ月経過しているなら「まだ大丈夫かな」と使ってしまいそうですが、さすがに半年以上経過すると子供に食べさせるのが怖いので処分すると思います^^;

強力粉の正しい保存方法は?

ダニの発生は正しい方法で保存すれば防ぐことができます。

【温度・湿度・栄養】

この3つの条件が合わさった場所がダニの好む場所なので、ダニが発生しない温度・湿度を保って保管することが重要なのです。

ダニを発生させない為の保存方法は3つ★

①冷蔵庫で保存
高温多湿を好むダニの発生を抑えるのに冷蔵庫はうってつけの場所となっています。
強力粉を買ってきたら、密閉できる他の容器に移しかえるかその袋のままジップロックなどにいれて冷蔵庫にいれておくだけでOK!
ただし、冷蔵庫で保存する場合には結露が発生してしまったり、他の食品の匂いが移ってしまうことがあるというデメリットもあることを覚えておきましょう。

②冷凍庫で保存
あまり知られていませんが、実は冷凍保存もできます。
冷凍保存する際は元々入っていた袋から出してジップロックや密閉できる容器に移しかえましょう。
ただし、冷凍庫から出したり入れたりを繰り返していると冷蔵保存と同じように結露が発生しやすくなるので、小分けにして保存するなどの対策が必要です。

③常温保存
大きめの密閉容器の中に一回り小さい密閉容器を入れてその中に強力粉を入れて保存します。
この時大きめの容器に乾燥剤を入れておくようにすると、密閉容器の中がダニが大好きな多湿の状態になることを防ぎます。
強力粉が入った小さい方の容器にも乾燥剤を入れておくと尚よいでしょう。
密閉容器以外にも、ジップロックで代用可能なので、冷暗所で保管しましょう。
シンク下などジメジメした場合におくのは絶対にNGですよ!

以上の保存方法で強力粉をダニから守りましょう。

まとめ

未開封でも賞味期限切れであれば、粉の状態をしっかり見極めて使えるか、使えないか判断してくださいね。

数百円でお腹を壊す可能性があるなら使わない!と徹底している家庭もあれば、見た目が大丈夫ならもったいないから使おう!という家庭もあり、賞味期限切れの強力粉についての意見は、家庭によってバラつきがあります。

我が家の場合は夫婦で食べるなら問題ないかな~と思うのですが、アレルギー持ちの子供達に食べさせるのはさすがに気が引けます( ;∀;)
[kanren2 postid=”1359″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA