赤ちゃん用の虫よけを手作り!効果的な使い方と注意点とは?

暖かい時期に外遊びをする機会が増えると、日焼け対策と共に虫よけ対策も必須になってきます。

赤ちゃんのお肌は、大人に比べてすごくデリケートなので、虫に刺されるとすぐに赤くなり、ひどい時には感染症を引き起こしてしまう場合もあるんです。

息子も2歳の頃、虫よけ対策をせずに両足をブヨに刺されまくった結果、完治するのに半年以上かかりました(T_T)

しっかり虫よけ対策をしたいと思っていても、市販の虫よけスプレーは成分が赤ちゃんの肌に合わないことがあると言われており、心配になってしまいます。

特に、敏感肌の赤ちゃんには、市販の虫よけスプレーを使うことによって、お肌に影響が出そうですよね。

そこで、赤ちゃんのお肌への負担を軽くするためにも、虫よけを手作りする方法があるようです。

アロマやハーブを使った虫よけの作り方をご紹介いたします。

思っているよりもすごく簡単に作ることが出来ますよ。

虫よけスプレーの作り方

アロマをつかって虫よけスプレー

虫よけスプレーと言えば、アロマを使ったスプレーがすごく人気です。

作り方はとっても簡単なので覚えやすいですよ♪

【材料】
・無水エタノール
・精製水(ミネラルウォーター可)
・防虫作用のある精油
・スプレー容器(50ml)

精油は
・ユーカリレモン
・シトロネラ
・レモングラス
・ゼラニウム
・ラベンダー
・ペパーミント

などがおすすめです。

できれば生活の木などのアロマオイル専門店で購入すると色々相談できて安心ですよ^^

作り方
①スプレー容器に無水エタノールを5ml入れる
②精油を10滴程度入れて軽く振り混ぜる
③精製水を容器の9割程度を目安に入れる
④フタを閉じて容器を振って混ぜる

保存料が入っていないので、冷暗所に保管して1カ月以内に使い切るようにしてくださいね。

[voice icon=”https://kurasinobenrimemo.com/wp-content/uploads/2018/03/557517.jpg” type=”l”]柑橘系やハーブ系の香りは、虫にとってすごく苦手とする香りなのですが、甘いフローラル系の香りは虫よけの効果はないので気を付けて![/voice]

ハッカ油を使った虫よけスプレー

虫よけにはハッカ油もすごく効果的だと言われています。

ハッカ油の清涼感のある香りが苦手な虫が多く、手作り虫よけスプレーの材料として最適!

清涼感のある香りはお部屋に広がると、快適に過ごすことが出来て、虫よけ以外でも常に使っていたい香りとして人気が高いです。

また、ひんやりとしたメントールも含まれているので、暑い夏には特にぴったりですよ(*´▽`*)

【材料】
・ハッカ油
・精製水
・消毒用エタノール
・容器(100ml)

作り方
①精製水を90ml程度容器に入れる
②無水エタノールを10ml容器に入れる
③ハッカ油を20~40滴容器に垂らす
※多めに入れれば入れるほど匂いが強くなるので
アウトドアの場合は多め、お散歩の場合は少なめなどで調節

④フタをして振り混ぜる

※使う時は必ず何回か振ってから使用するようにしてくださいね。
※小さめのスプレーボトルに入れ替えて使っても良し♪

ハッカ油を使う時に気をつけたいのは、原液は刺激が強いので、直接臭いをかがないようにしましょう。

[voice icon=”https://kurasinobenrimemo.com/wp-content/uploads/2018/03/557517.jpg” type=”l”]使う時は赤ちゃんの肌に直接かからないように使う事が大切だよ[/voice]

この他にも、何種類かのアロマを合わせて使うこともできるので、いろいろと試してみるのもいいかもしれませんね。

効果的な虫除けの使い方は?


虫よけスプレーが出来たら、お部屋の中に数か所ふってみると、香りを楽しむことが出来ておすすめです。

また、赤ちゃん自身ではなく網戸にスプレーをすることによって、外からの虫の侵入を防ぐ効果もあるんですよ。

上記でご紹介した手作りの虫よけスプレーが、効果を発揮させる時間は、ニオイが感じられる間の1~2時間位だと言われています。

安全性には優れているものの長続きはあまりしないので、こまめにスプレーをするのが効果的ですね。

いつまでに使い切る?

先ほどもご紹介しましたが、手作りの虫よけスプレーはあまり長持ちしません。

涼しくて日の当たらない常温で保存し、1週間から10日で使いきるようにしましょう。

作ってから日が経つと香りが変化して効果がなくなってくる場合もあるので、こまめに作り続ける事が大切です。

手作りの虫よけスプレーでも、赤ちゃんのお肌に直接つけるのが心配であれば、ベビーカーや洋服などにつけるのも効果的でおススメですよ。

おわりに

蚊が出てくる時期になると、赤ちゃんへの虫刺されにも悩まされます。

市販の虫よけスプレーは、虫よけ効果がありますが、人体に害を及ぼすのではとも考えられています。

赤ちゃんに使うのは、特に使いにくいのではないでしょうか。

そこで手作りの虫よけスプレーが流行っていますが、手作りなので、効果の持続は難しく、こまめに使って虫よけ対策を行っていくようにするのがおススメです。

いろいろな香りをブレンドして、オリジナルの虫よけスプレーを作っても楽しいですね。

ハッカ油を使って虫よけスプレーを作る場合には、原液はすごく刺激があるので、直接臭いをかがないようにし薄めて使うようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA