運動会のお弁当の定番といえば?我が家で人気のおかずも紹介♪

最近は運動会を午前中に終わらせて、お弁当を作らなくてもよい学校が多くなったようですが、これってかなり寂しい(T_T)

私の運動会の思い出って自分の競技よりもお弁当美味しかったな~って記憶しかありませんよ笑。それくらい大事なのに‥

この記事を読んでいるあなたは少なくとも今年はお弁当作りがあるんですね(*´▽`*)私も同じですっ!

今年も早起きして頑張りましょーね。

お弁当に入れる定番おかずって家庭によって違うと思うのですが、今日は我が家が必ず作る定番メニューを紹介します^^

子供に人気だったおかずも合わせてチェックしてみてくださいね。

運動会で必ず作るものは?


作り忘れると「アレ、どうして入ってないの(-_-メ)」と子供に怒られる、イベント弁当には欠かさず作っているものを紹介しますね。

・おにぎり
おにぎりは欠かせない定番アイテムですよね♪
中には鮭や梅を入れたり、わかめご飯にしたり、具は入れずに俵型おにぎりにする事もあります。

去年はおにぎらずを作ってみたのですが、おにぎりだけでお腹いっぱいになったので、今年は小さめに戻そうと反省。

管理人

のりまき、おいなりさんは作っても子供には人気がないので定番とはなりません・・

・サンドイッチ
甘いもの好きの子供には、ジャムやチョコサンド。大人用にはカツサンド。
タマゴサンドにする時は、傷まないようにしっかり保冷して持って行く事が大切!

・卵焼き
子供は甘い卵焼きが好きなのですが、私はだし巻き卵も好き^^
アレンジは無数にありますよね。

・ウインナー
「少し高めのあらびきウインナーじゃないと美味しくない」という贅沢な子供達・・^^;

・お肉系
ハンバーグ、ミートボール、肉巻きなど、子供達のリクエストで作っています。
北海道の運動会はアスパラが旬の時期なので、アスパラ肉巻きにする事が多いですよ。

・和もの
きんぴら、筑前煮など
これは定番、というより夫の両親向けに作っている感じです。
子供は全然手をのばしてくれない笑。

・揚げ物
唐揚げ、エビフライ、ナゲットなど

唐揚げとエビフライはお弁当の絶対的な王者です。

子供達は市販のチキチキボンが好きなので我が家の定番として採用。

管理人

・箸休め
枝豆、ちくわきゅうり、ちくわチーズ

特に説明はありませんが、枝豆は子供のリクエストで我が家の定番メニューです。

・デザート
果物、ゼリー、ミニトマト

メロン、すいか、さくらんぼ、など普段は高くて買わないような果物を入れているので、子供は興奮します笑。

ゼリーは作って冷凍しておけば保冷剤がわりになり、お昼に食べる頃にちょうど良くなるのでおすすめです。

********

以上が我が家の運動会の定番メニューなのですが、あなたのご家庭ではどうですか?

2017年の運動会のお弁当作りの様子を別記事で紹介しているので、良かったら参考にしてみて下さい♪
運動会のお弁当│我が家の前日の下ごしらえや当日の準備まとめ

我が家で人気だったおかず


毎年定番メニューだけでは、ちょっと味気ないな~と思っているので、定番+αでチャレンジおかずを作っています。

その中で子供を中心に人気のあったおかずを紹介しますね。

・アメリカンドッグ
魚肉ソーセージにホットケーキミックスで衣を作って油で揚げる。
ケチャップを付けて食べたら、お祭り気分笑。

・ハムチーズ春巻き
春巻きにハムとチーズを入れて揚げる。
冷めても美味しかった♪

・バナナ春巻き
春巻きの皮があまったので、たまたま目に入ったバナナを入れて揚げたら、家族に大好評!
後日、チョコも入れてチョコバナナ春巻きにしたら、これまた美味♥

・漬物
きゅうりに塩昆布をあえてお弁当に入れたら、大人に好評。
子供は「お祭りで売っている棒についているきゅうりの漬物」が食べたかったそう^^;

・そうめん
これって北海道では普通なのですが、SNSにあげるとビックリされるんですよね笑。
暑い時の運動会には冷たいそうめんが合いますよ♪
運動会の弁当にそうめんが人気!前日までに準備しておく事は?

毎年色々なおかずを作って思ったのは

管理人

箸を使わずにパクっと食べられる小ぶりなおかずが人気!!

ピックをさしたおかずは手に取りやすく、一口サイズで食べやすいからか、売り切れるのが早いな~と感じます。

あと、新メニューを作っても定番には勝てない・・ような気がします笑。

2018年の運動会も1カ月を切っています!そろそろどんなメニューにしようか考えなくっちゃ♪

おわりに

私は「子供が食べたいメニュー9割:大人1割」の感じで、お弁当のメニューを考えています。

やっぱり子供が主役の運動会ですもん、好きなもの食べて午後からも頑張ってもらいたい(n*´ω`*n)

小学校の6年間は長いようで、あっという間に終わってしまいます。

お弁当作りも計6回と多く感じるかもしれませんが、人生の6年なんて時を止めてって思うくらい早い(T_T)

大人になっても「かあちゃんのお弁当おいしかったな」と思い出してもらえるよう、お弁当作り頑張りましょ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA