マニキュアが服についた時の落とし方!自宅でできる対処法とは

ネイルはオシャレには欠かせない存在です。

自分好みのカワイイネイルをするだけで気分が上がりますよね♥

できればプロにお任せしたいネイルだけど、私は節約の為にセルフネイル‥^^;

しかも不器用なもんで、うっかり服にマニキュアを付けてしまう事があります。

かなり焦りますよー泣。

そのまま洗濯機に入れてもマニキュアは落ちない可能性が高いのですが、諦めて洋服は捨てないようにしてくださいね。

そのマニキュア、もしかしたら落とすことができるかもしれませんよ(*´▽`*)

ということで今日は、服についてしまったマニキュアの落とし方についてご紹介します。

マニキュアが服についた時の落とし方は?


普段、爪のマニキュアを落とす時には除光液を使いますよね。

その考えは洋服にマニキュアが付いてしまった時も同じなので、マニキュアが服についてしまったら除光液を使って落とす方法を試してみましょう。

自宅にマニキュアがあるならば除光液も必ずありますよね!?

早速使い方を紹介します^^

①除光液を綿棒につける。
②その綿棒でマニキュアのついた部分をトントンして落としていく。
③マニキュアが落ちたら食器用の中性洗剤で揉み洗いする。
④最後に普段通りに洗濯機でお洗濯。

これでマニキュアが落とせるかもしれませんので、諦める前に1回試してみましょう。

同じように除光液を使った方法で、こちらの動画もとってもわかりやすかったです。

この動画のコメント欄を見てみると「キレイに取れました♪」という喜びの報告から「全然落ちません」という報告もあるので

マニキュアの種類によっても落ち方に差があるのかな、と感じました。

私の経験から言うと、マニキュアが洋服に付いた時点で「 なるべく早めに対処」するようにした方が、落ちやすいと思います。

「明日でいっか~」なんてのん気な事を言わずに、すぐに除光液を使って落としてみてくださいね。
 
[ad]  

洋服に付いたマニキュアを落とす時の注意点


除光液を使って洋服に付いたマニキュアを落とす方法には、気をつけてほしいことが2つあります。

洋服の素材に注意!

1つ目は除光液を使ってはいけない素材の服があるということです。

・アクリル
・ポリエステル
・アセテート

以上の素材の服に除光液を使うと服が溶けて穴が開いてしまいます。

[voice icon=”https://kurasinobenrimemo.com/wp-content/uploads/2018/07/smile4.jpg” type=”l kanri”]除光液に入っているアセトンという成分で洋服が溶けて穴があいてしまうんです[/voice]

なので、この方法を試す前には必ず服の素材を確認して下さいね!

除光液が使えない素材の服には、除光液の代わりに「ベンジン」を使ってみましょう。

除光液ほどではありませんが、マニキュアを落とすことができるかもしれません。

洋服の色落ちに注意!

色物の服に除光液を使うと色落ちしてしまうかもしれません。そうなれば、もう元には戻らないので注意してください。

色落ちするのが不安な場合は

・目立たないところで試す
・色物の服への使用は避ける

などの対処をしましょう。

自分で落とす方法はあくまでも自己責任です。

綺麗に落ちることもありますが、落ちないこともありますし、今以上にひどくなってしまうこともあります。

これから試すという方はそれを忘れないようにしましょう。

[voice icon=”https://kurasinobenrimemo.com/wp-content/uploads/2018/07/namida9.jpg” type=”r kanri”]セルフネイルするならお気に入りの洋服を着てしないのが一番かも~~[/voice]

どうしても落ちないマニキュアの汚れはどうする?


自分で頑張ってもどうしても落ちないシミはプロに任せるのが一番です!すぐにクリーニング店に相談しましょう

時間が経てばたつほどシミは落ちにくくなっていってしまうので、自分で落とす場合もクリーニングに出す場合も早めの対応を心がけましょう。

また、クリーニング店でもシミ抜きが得意なお店とそうでないお店があるようなので、近所でシミ抜きが得意なお店を調べてから持って行くといいですね。

[voice icon=”https://kurasinobenrimemo.com/wp-content/uploads/2018/05/713093.jpg” type=”l”]持って行くのもメンドクサーー[/voice]

そんな時は「宅配クリーニング」がおすすめです(*´▽`*)

近所のクリーニングよりは割高になりますが、自宅まで集荷してくれてキレイになったら届けてくれるので、仕事が忙しい時には便利です。

送料無料でシミ抜き料金も無料のお店もありますよ♪
>>【送料無料】こだわり宅配クリーニング「プラスキューブ」

マニキュアの汚れならば、プロに任せればほとんどは落ちる可能性が高いですが、万が一プロでも落とせなかったシミは残念ながら諦めるしかありません。

どんなにお気に入りの服でもシミのついた服を着るのはイヤですよね・・

「マニキュアを服につけてしまうととても大変だ」という勉強ができたと割りきって、服は処分しましょう。

そして、次からマニキュアを塗る時には、服につけてしまわないように気をつけましょうね。

ちなみに私は、洋服は捨てずに部屋着にまわしてまーす笑。

私がマニキュアを服に付けた時の話

私が初めてマニキュアを付けた時は焦ってしまい、マニキュアがついた部分をこすった結果、、マニキュアを広げてしまうという散々な結果になりました。

特別お気に入りという訳でもなく、クリーニング店まで足を運ぶのも面倒で結局は諦めてしまったのですが…。

もちろん自分で試せる方法も知らなかった頃です。

その時に学んだのは、服にマニキュアをつけてはいけないということはもちろんですが、万が一つけてしまっても焦ってはいけないということです。

焦ると冷静に判断できなくなって、更にヒドイ結果を招いてしまうことになります。私のように笑。

服についてしまったらかなりショックですが、まずは焦らず冷静になって

「自分で落とすことができるのかプロに頼んだ方がいいのか」
「素材は大丈夫か」
「色落ちの心配はないか」

などなど考えてみるといいかもしれませんね。

そして、間違っても私のようにこすることはしないで下さい!と声を大にして伝えたいです。

マニキュアが服に付いた時の対処法!まとめ

ネイルを落とす時には当たり前のように除光液を使いますが、服についたマニキュアに使うというのは意外に思いつかないですよね。

忙しい方は特に、クリーニング店まで足を運ぶのも大変ですし、自分で落とせたらそれにこしたことはありません。

色々と気をつけなければいけないことはありますが、試してみる価値はあるのではないでしょうか^^

自己責任で行うということと、一番大切なのはマニキュアを服につけないように気をつけて扱うことだということは忘れないで下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA