運動会のママの服装選びの注意点!最も気をつかうべき部分は?

この記事の所要時間: 549

子供の初めての運動会は、親も子供以上に気合が入っている事だと思います。

親は応援するだけ‥と思いがちですが、場所取り、お弁当作り、親子競技への参加など、やるべき事が結構多いんですね。

そこで気になるのが運動会当日の服装です。ママの服装に決まりはないものの

どんな服装をしていけばいいんだろう?
一人だけ浮いてしまったらどうしよう

などと頭を悩ませているママも多いのではないでしょうか。

私は聞けるママ友がいなかったので、初めての運動会ではかなり不安になった記憶もあります。

そこで今日は、運動会のママの服装について詳しくチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

運動会で浮いてしまう服装は?


まずは運動会ではおすすめできない服装は、大きく分けて2つあります。

露出の多い服装

他の保護者や生徒も大勢いる中で、胸元が大きく開いたシャツやチューブトップ、キャミソールなどの露出の多い服装はふさわしくありません。

まわりの人は目のやり場に困ってしまいますし、悪い意味でものすごく目立ってしまう可能性があります。

そして私の経験から 後ろ姿には特に気をつかうコトが大切だと感じます!

というのも、我が家の運動会は敷物だけを使って場所取りをするので、後方にはたくさんの保護者が近くに座っているんですね。

特に前に座っている保護者の方は嫌でも目に入ってきます。

その保護者のジーパンがローライズだったので、座って応援している時に下がったジーパンから下着が丸見えになっている事が多いんです。

これって自分では気が付かないけれど、ものすごく恥ずかしい事ですよね‥

色々な世代が集まる運動会は誰が見ているかわかりませんし、特にお年寄りは「今どきの人は‥」と思ってしまいがち。

親として恥ずかしくない服装を心がけたいものです。

動きにくい服装

運動会では親子競技など保護者が参加する競技がある場合もあります。

そんな時にミニスカートやタイトスカート、ピンヒールなどの動きにくい服装だったら競技に参加できませんよね。

また、アクセサリーをジャラジャラとつけるのもNGです。

動きにくいだけでなく、アクセサリーが何かに引っ掛かったり絡まったりと怪我の原因になることもあります。

もし、競技に参加しない場合でも、やはりこれらの服装はふさわしくありません。

一人だけポツンと浮いている、悪目立ちしてしまっている、場違いに感じる…そんなことのないようにしましょう。

スポンサードリンク

基本的な服装は?


NGな服装はわかった♪
じゃあ、どんな服装で行けばいいの?

運動会の基本はカジュアルコーデ!

やはり、パンツ&スニーカーいうスタイルが動きやすさNo.1の基本コーデです。

ヒールのない靴とトップスで他のママと差をつける、パンツをおしゃれなカラーやデザインのものにするなど、動きやすさを重視しながらも自分なりに工夫しておしゃれに着こなせたらとても素敵ですね。

「どうしてもスカートでおしゃれをしたい」場合は、競技に参加しない場合のみOKですが、露出の少ないロングスカートにするようにしましょう。

また、アクセサリーも

・シンプルなものにする
・つけすぎないようにする

以上の2つを守ればOK(*´▽`*)

ただし、スカートと同様に競技に参加しない場合のみにしましょう。

あくまでも運動会の主役はお子さんだということを忘れないようにして下さいね★

親子競技に参加する場合の服装

親子競技に参加する場合は絶対にパンツスタイルで、足元は必ずスニーカーを履くようにしましょう。

トップスはなんでもOKですが、シャツなど伸縮性がない生地のものは動きにくいので動きやすいものを選ぶようにしましょう。

そんな動きやすい服装の代表といえばジャージを思い浮かべる方も多いと思います。

ただ、運動会でママがジャージを着ていると『ものすごく気合いの入っているママ』として悪目立ちしてしまったり、浮いてしまうこともあるかもしれません。

ジャージを着る際は羽織りものとしてさりげなく取り入れるなど、やり過ぎないように気をつけることをおすすめします。

何度も言いますが、基本はパンツにスニーカーです。

紫外線を予防するには?
運動会でもう一つ気をつけたいのが、紫外線です。

園や学校にもよりますが、朝から夕方まで運動会をおこなうというところも多いと思います。

当然屋外でおこなわれますので、応援にきているママも一日中紫外線にさらされっぱなしということになってしまうのです。

紫外線に長時間さらされるのはお肌や健康によくありません。

『他のママから浮いてしまわないかどうか』ということだけでなく『紫外線予防ができる』ということも頭において運動会のコーデを考えるといいでしょう。

紫外線の予防するには

・長袖の薄手の上着を羽織る
・つばが広めの帽子を被る
・アームウォーマーをする

などの方法があります。

自分のファッションに取り入れやすいものを選ぶといいですね。

日焼け止めを塗るのはもちろんですが、日焼け止めだけに頼らず服装にも紫外線予防を取り入れてしっかりと紫外線予防していきましょう!

おわりに

ママの服装は見られていないようで、意外と見られています。

自分の好きな服を着るのも大切ですが、場に合った服装をすることもとても大切です。

ご自身はもちろんですが、運動会で頑張っているお子さんや一緒に応援している家族が恥ずかしい思いをしないよう気を付けたいものです。

特に後ろ姿には気をつかってくださいね~★

スポンサードリンク

おすすめトピック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA