子供の足の裏と手にいぼが発生!皮膚科での診断結果は‥?

この記事の所要時間: 421

小学校3年生の息子が、少し前から足の裏と手の指にポコッとしたイボができて気になる‥と訴えてきました。

どれどれ!とよーく見てみると確かに足の裏を触ってみるとその部分だけ固くてポコッとしてるんです。

手の方は関節の部分だし、足の裏よりも大きくてちょっとビックリ!( ゚Д゚)

イボっていうよりも、見た目は魚の目って感じだからイボコロリでも買えば治るかなーーなんて簡単に考えていました。

ただ、イボコロリ買うぐらいなら皮膚科行ってイボ取ってもらった方が安心かなと思って、翌日皮膚科を受診したら・・

魚の目じゃなかったΣ( ̄ロ ̄lll)

もし魚の目だと思ってココにたどり着いた方は、まずはこれからの記事を読んでみてくださいね。

スポンサードリンク

息子のイボはこんな感じでした【画像あり】


まずは息子のイボの画像をご覧ください。

画像ありなので、お食事中の方はご注意ください( ;∀;)

【手】

こんな感じでけっこう盛り上がっています。

【足】

手に比べて足の方が盛り上がりが少なくて、パッと見は魚の目みたいな感じです。

皮膚科での診断は?

画像のような症状だと先生に伝えて、手足を見てもらって一言。

先生
あーーこりゃイボだね!

イボ=魚の目だと思っていた私は

あ~やっぱりそうですか?イボコロリで治りましたかね~

なんておバカな回答をしたら

先生
イボっていっても魚の目とかじゃないから笑。
子供のうちって魚の目はできないからね!

えーーー!魚の目って大人の特権だそうですよ、ワタクシ知りませんでしたΣ(゚д゚lll)

そうこうしているうちに先生が1枚の紙を私に見せてくれました。


【尋常性疣贅(いぼ)】

ものすごく読みにくい病名ですが「じんじょうぜいゆうぜい」と呼ばれる「ウイルス性のいぼ」だそうです。

ヒト乳頭腫ウイルスと呼ばれるウイルスが皮膚に感染して発症する病気で、手足に多く発生する皮膚病。

そのまま放置していると他の皮膚の部分に移ってしまう可能性が高いので、早めに治療した方がいいと言われました。

息子の場合は手の方がかなり成長しているようで、治療に時間がかかるかもしれないとのことでした(T_T)

先生
よしっ、今日からすぐに治療していこう!

先生は看護師さんに治療の準備をするように指示しました。
※ここで、息子は恐怖におびえる・・笑。

スポンサードリンク

皮膚科での治療法は?


ウイルス性イボの治療法は【冷凍療法】と呼ばれるものでした。

液体窒素を含んだ綿棒でいぼの部分をマイナス200℃で凍らせて、イボの細胞を破壊するという治療法です。

少し痛みを感じるけど我慢してねー!

と先生は息子の足に液体窒素入りの綿棒を押し付けると同時に「シューー」っというなんともいえない音が聞こえてきます^^;

息子的にはかなり痛かったようで、我慢してるの辛かった・・と言っていました。

未就園児でコレをやるのはかなりキツそうだな、と見ていて感じました。

冷凍療法は1回で終わる訳ではなく、必ず1週間に1回程度訪れて同じことをやってもらう必要があります。

最終的には先生が「もう大丈夫!」というまで通い続けなくてはなりません(+_+)

うちの息子はまだ1回目なので、これから何回目で終わったのかもご紹介していきますね。

料金はいくらだった?

我が家が住んでいる町は医療費が無料の地域ではないので、普通に3割負担なので病院へ通うと痛い!

1回目は診察、治療で1,200円でした。薬などはありません。

来週から毎週千円程度かかるのを覚悟しなくてはなりませんね・・

おわりに

もし、子供の手足にイボらしき固い物体を見つけたら早めに皮膚科で診察してもらう事をおすすめします。

できたばかりだと根も深くないので、治療も早く終わると思いますよ。

ネットで調べるとリンゴ酢やら削るやら、病院に行かずとも完治したなんてこともあるようですが、我が家はとりあえず皮膚科で治療してみてから考えてみようかな^^;

スポンサードリンク

おすすめトピック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA