片栗粉が賞味期限切れから1年!料理に使える?その他の活用法も

お料理のとろみ付けに欠かせない片栗粉ですが、お家に常備しているというご家庭は多いのではないでしょうか♪

常備するのはよいのですが、意外と出番が少なくて気が付けば

「賞味期限を1年もオーバーΣ( ̄ロ ̄lll)」

そんな経験をしたことがある方も少なくないはずです。(私もww)

食品が賞味期限を1年も過ぎていたら変色していたり、湿気っていたりと何かしら目に見える傷みがでていることが多く、そのような場合にはすぐに処分しようと決断できます。

が、片栗粉は見た感じあまり変わらないので

「まだまだお料理に使えるんじゃないかな?」

と思ってしまいますよね。でも実際のところはどうなのでしょうか。

そこで今日は片栗粉の賞味期限が過ぎてしまっていた場合の対処法についてリサーチしてみました。

片栗粉が賞味期限から1年経過!料理に使える?


片栗粉の賞味期限が1年以上過ぎてしまっていた場合に、その片栗粉が使えるのかどうかは【どのような保存状態】だったかによって違ってきます。

それは未開封の場合でも開封済みでも変わりません。

その片栗粉が使えるかどうか判断するポイントは主に3つ!

・ダニ
・色
・カビ

この3点です。

片栗粉をはじめとする粉類はダニの大好物で、温度・湿度が高い場所で保存していた場合には「かなり危険」です

更に厄介なことに粉類を好むダニは白っぽい色をしているので「目視ではダニがいるのかどうか分からない」ことが多いんです(-_-;)

気がつかずに食べてしまうと、場合によってはひどいアレルギー症状を引き起こしてしまうこともあります。

アレルギーは命に係わることもあるので、怖いですよね・・。

何の対策もせずに常温保存していた場合はダニが進入している可能性が高いので、その片栗粉を料理に使うのはおすすめできません。

開封済みのものはもちろん、未開封のものでもです。

例え未開封だとしても、ダニはビニール1枚位なら食いちぎって進入している可能性が(T_T)

次に、色の変化もチェックしましょう。

片栗粉は通常は白ですよね。それが黄色っぽく変色していたらその片栗粉は傷んでおり、料理に使うのは危険です。残念ですが諦めましょう。

カビが発生しているかどうかもきちんと確実する必要があります。

カビを食べてしまうと身体に害を及ぼす可能性大です。少しでも黒くなっていたら使用は絶対にやめましょう。

ここまで、賞味期限が過ぎてしまっていた時に使用できない片栗粉についてご紹介してきましたが、反対にいえば、自己責任にはなりますが、それらをクリアしていたなら賞味期限を過ぎてしまっていたとしても使用できるということになります。

長く使えるかどうかは温度や湿度に気をつけて、きっちり密閉して保存しておくことが重要なのです。

では次に片栗粉の正しい保存方法をチェックしていきましょう!

[ad]

片栗粉の正しい保存方法


片栗粉の保存で気をつけるべきことは

・温度
・湿度
・保存容器

以上の3つです。

先ほどもご紹介しましたが、ダニは高温・多湿の環境を好みます。カビも同様です。

また、ほんの少しの隙間で進入することができます。

それを防ぐ為にもこの3つの条件をクリアしていく必要があるんですね(^▽^)早速保存方法をご紹介していきます。

①冷蔵庫or冷凍庫で保存

高温を防ぐ為には冷蔵庫もしくは冷凍庫が最適です。

私もダニのことを知るまでは何の対策もせず常温で保存してしまっていましたが、現在は冷蔵庫で保存しています。

それまで知らず知らずのうちにダニを口にしてしまっていたかも・・なんてと思うと恐ろしいですよね。

「うちはまだ常温で保存している!」という方は冷蔵庫や冷凍庫で保存するのが安心できてオススメですよ♪

ちなみに冷凍庫に入れてもカチカチに凍ってしまうということはないので安心して下さい。

解凍する手間もいらず、そのまま普通に使用できますよ。

②密閉容器に移しかえる

冷蔵庫や冷凍庫で保管することでダニの進入は防ぐことができますが、それ以外の問題が発生します。

それはニオイ移りです。片栗粉などの粉類はニオイ移りしやすいという特徴を持っています。

冷蔵庫には様々な食品が保管されており、中にはニオイが強い食品だってありますよね。

それらのニオイが片栗粉に移ってしまうことがあるのです。

ですが、密閉できる容器に片栗粉を移しかえるだけでそれを防ぐことができます。

しっかりと蓋ができるタッパーやジップロックなどに移しかえてから冷蔵庫に入れるようにしましょう。

③乾燥剤を入れる

冷蔵庫保管でもう1つ気をつけたいのが、湿気がたまりやすいということです。

冷蔵庫は開け閉めが頻繁ですし、使う度に出し入するので温度差が激しくなります。

それによって湿気がたまりやすくなるのです。

湿気はカビ発生の原因になります。それを防ぐ為に乾燥剤を一緒に入れるようにしましょう。

乾燥剤は100均などでも売っていますし、お菓子などに入っているものを再利用してもOKです。

また、未開封のものなら元々のパッケージのままそれを一回り大きなタッパーやジップロックに入れてそこに乾燥剤を入れておけば、ダニの被害を防ぐことができ、常温保存もできますよ!

ちなみに我が家はフレッシュロックを購入して冷蔵庫に保存しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フレッシュロック プラスチック 密閉 保存容器 お試し4個セット 選べるパッキン色 : 白 / 緑
価格:1888円(税込、送料無料) (2018/10/7時点)

 

楽天で購入

 

 

片栗粉なら500mlくらいで丁度いいかなって思います^^

密閉具合もバッチリだし、小麦粉や強力粉も同じように入れて保存しています。

かなりオススメ♥

では最後に賞味期限が切れた片栗粉の料理以外の活用法を紹介しますので、捨てる前に是非チェックしてみてください。

料理以外の片栗粉の活用法とは?

賞味期限が切れたものを使うのは不安だから捨てようと思っている方は、ちょっと待ってくださいね!

片栗粉は料理以外の別のことに活用すれば無駄を無くせます

色々な活用方法をご紹介するので参考にしてみて下さい。

①グリルの掃除に使える!

魚焼きグリルのお掃除ってほんっとに面倒ですよね。ですが、余った片栗粉を使えば簡単にお掃除することができます。

やり方は、水に片栗粉を溶いてその水をグリルの受け皿に流し入れるだけととっても簡単です。

こうしてしばらく放置しておくと油や汚れを吸収しながら片栗粉が固まります。

完全に固まったらそれをペリペリと剥がせば、グリルが驚くほど綺麗になるんですよ★

最後に軽く水洗いすればいいので、煩わしいグリル掃除から解放されます。

私はこの方法を知るまではグリルを使わないようにしていました。

グリル掃除大嫌いなんです笑。

でもこの方法はほんっとに簡単にできますし、何よりペリペリ剥がす時がとっても快感でほんっとに楽しい!ぜひ多くの人に試してもらいたいです。

②スクイーズが作れる!

最近流行っているもちもちのおもちゃ「スクイーズ」が、片栗粉で作れちゃいます。

100均に売っている風船を買えば簡単に作る事ができるので、子供は絶対に喜びますね(*´▽`*)

動画を参考に作ってみてくださいね。

他にも片栗粉でスライムが作れるようなので、こちらも気になる!

③入浴剤に使える!

片栗粉に水・重曹・レモンや柚など好きなフルーツの果汁を混ぜ合わせれば「入浴剤」を作ることができます。

片栗粉入浴剤を入れたお風呂に入ると、しっとり、スベスベ、モチモチな肌になるんですよ~。

入浴後はシャワーでしっかりと洗い流すのを忘れないで下さいね!

こちらもダニがいる可能性のある片栗粉を使うのはオススメできません!!

④マットネイル使える!

お手持ちのマニキュアに片栗粉を混ぜればマットネイルもできちゃいます。

マニキュアってついつい何本も買って気がついたら大量にあるということがよくありますよね。

でもこの方法ならわざわざ新しいネイルを購入しなくても、新しいマニキュアを手に入れることができちゃいます。

今持っているものに飽きた…そんな時にもこちらの方法で気分を変えてみてはいかがでしょうか^^

賞味期限切れの片栗粉は料理に使える?まとめ

片栗粉は正しく保存していれば、賞味期限を過ぎていても意外と長く使えるんですね。

とはいえ、美味しく食べられる期間は過ぎているので、心配ならば料理に使うのはやめておきましょう。

料理には使えなくてもその他の活用法もあるのでそれらも試してみて下さいね!

また、安いかったからとまとめ買いをしたり大袋を買ったりするのではなく、使い切れる分を購入するということも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA