体を温める食べ物や飲み物は?コンビニで買うならコレ!

私は昔から冷え性で、寒い季節になると手足は氷のように冷たくなります。

体質だから仕方ない‥とは思っているのですが、体の冷えって体に良くないんですよね。

体が冷えてしまうと代謝や免疫力が下がり、疲れが取れない・夜よく眠れないなど、体の不調を起こすと言われています。

体の冷えを改善するには外側から体を温めるだけでなく、食生活を見直し体の内側から温めることが必要!

そこで、体を温める食べ物・飲み物と、コンビニではどんなものを選べばいいのかリサーチしてみました^^

一緒にチェックしていきましょう♪

体を温める食べ物は?

まずは体を温める食べ物からご紹介します。

野菜
・玉ねぎ
・かぼちゃ
・人参
・黒豆
・にら
・らっきょう
・じゃがいも
・里芋
・大根

野菜を選ぶ時のポイントは【土の下で育つ野菜】です。
基本的に土の下で育つ野菜は、体を温める食材と言われていますよ。

果物
・りんご
・プルーン
・ゆず

暖かい地域で育つ果物は体を冷やしやすいので注意!
※バナナ、パイナップル、レモンなど

パン
・黒糖パン

他にも、体が温まる食べものといえば、生姜や唐辛子が有名です。

生姜に含まれるショウガオールは血行をよくし体温を上げてくれますし、唐辛子の中のカプサイシンも体温を上げてくれます。

また、納豆などの発酵食品も体を温めてくれますよ。

体を温める飲み物は

次は体を温める飲み物をチェックしていきましょう!

・生姜ココア
ココアにすり下ろした生姜を足すだけで、ココアだけで飲むよりも体が温まります。

・生姜甘酒
甘酒にすり下ろした生姜を入れて飲みましょう。

・生姜入り紅茶
茶葉を発酵させて作られる紅茶はおすすめです。
紅茶にも生姜を入れると代謝アップ!

・白湯
意外なところでは人肌程度の白湯を特に朝一番に飲むと、消化機能が高まり、じんわりと体を温めてくれます。

温かい飲み物に生姜を入れるだけで、体がポカポカしてくるはずです^^

私はチューブの生姜をビャーって入れて飲んでます笑。

簡単にできる方法なので是非やってみてくださいね。


コンビニで買える体が温まる商品とは?

コンビニで体を温めるものを買う場合、おすすめなのはこちらです。

・きんぴらごぼう
少人数用のお惣菜も今やコンビニの得意分野です。
人参もごぼうも根菜の代表選手ですが、この二つがタッグを組んだきんぴらごぼうは体を温めてくれるメニューといえます。

・納豆
発酵食品も腸内環境を改善し、体を温めてくれます。
納豆なら熱の生産に必要なタンパク質も摂れます。

・キムチ
キムチも発酵食品の代表選手です。
唐辛子やにんにく1190など、体を温める食材が数多く入っています。

・チゲ鍋
冬になると一人用のいろいろな鍋がコンビニの店頭に並びます。
体を温める野菜のネギやニラなどが入ったチゲ鍋は、唐辛子の作用も加わり、食べればポカポカと体が温まります。

・紅茶
コンビニでよく飲み物を買う人も多いと思いますが、その時はコーヒーより紅茶を選ぶようにしましょう。

・ほうじ茶
ほうじ茶に含まれるテアニンという成分にはリラックス作用があり、緑茶などに比べてカフェイン量も多くありません。
また、ほうじ茶の香り成分「ピラジン」は、リラックス効果に加え血行促進効果があります。
血行が促進されれば冷えの改善につながります。

・ココア
紅茶よりもう少し甘みが欲しい時にはカフェオレなどではなくココアを選びましょう。
カフェオレだけでなく、コーヒーを使った飲み物は血管を収縮させて体を冷やしてしまいます。
ココアに含まれる「テオブロミン」は血流をよくして体を温めると言われています。

・甘酒
甘酒は飲む点滴とも言われ疲労回復に効果があります。
麹を発酵させて作る発酵食品でもあり、ブドウ糖やビタミンB群が数多く含み、甘酒のコウジ酸には美肌効果も期待できます。
最近は甘酒ブームですので、スーパーやコンビニでもよく見かけるようになりました。
選ぶなら米麹を発酵させて作った砂糖不使用のアルコールを含まないものがおすすめです。

まとめ

体が温まる食べ物、飲み物について、コンビニで手に入るものも合わせていくつかピックアップしてみました。

忙しい毎日、なるべく手作りの食事を作りたいところですが、時にはコンビニを利用することもあると思います。

その時にはなるべく体を温めるものを選択できるよう、参考にしてくださいね。

こちらもおすすめ♪
寒冷アレルギーとはどんな症状?原因や治療法は?対策法はある?冬至のゆず湯│終わったら食べても大丈夫?おすすめ活用法【血圧を下げる食べ物一覧】中でも即効性のある食材とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA