寒冷蕁麻疹を予防する方法と体質改善におすすめの食事とは?

寒い場所や冷たいものを触ると、かゆみとともに蕁麻疹が出てしまう人がいます。
寒さが刺激となり体の免疫機能が過剰に働くことで起こるこの症状は、寒冷蕁麻疹と呼ばれます。
寒冷蕁麻疹はすべての人に現れるわけではなく、体質が関係していることがわかっています。
そこで寒冷蕁麻疹を予防する方法と体質改善におすすめの食事をご紹介します。

寒冷蕁麻疹を予防する方法は?


寒冷蕁麻疹は寒さや急激な温度変化が引き金になって起こるため、そのような環境を避けることで予防することができます。

蕁麻疹は体が冷えると全身にあわられる場合と、冷えた場所だけに現れる局所的な場合があります。

寒い時期にはなるべく屋外で過ごすのを避け、外出時は肌が露出しないよう気を配りましょう。

手袋やマフラー、マクスや帽子などを上手につかうと局所的な蕁麻疹はかなり防ぐことができます。

また、冷たい水やフローリングに触れることでも蕁麻疹ができることもあります。

そのような場合はスリッパやビニール手袋などを活用することである程度予防することができます。

実は我が家の息子も去年から寒冷アレルギーを発症しているのですが

・病院からもらった薬をしっかり飲み続ける
・風が冷たい日はマスクをつける
・秋冬はカイロを持たせる
・冬はタートルネックを着て首の露出を避ける
・免疫力を上げる食事を取り入れる

以上の事を注意しながら症状が出ないように予防しています。

北海道に住んでいるので冬の通学は本当に大変で、学校に着く頃には頬が真っ赤になっている事もたびたびあります( ;∀;)

子供は成長によって症状が改善する場合もあるようなので、気長に付き合っていくしかありませんね。

体質改善におすすめの食事は?

蕁麻疹はアレルギーの症状の一種ですので、寒冷蕁麻疹が出やすい人はアレルギーが出やすい体質ということになります。

アレルギー自体は体内に入ってきた異物をやっつけるために起こる免疫機能であり、決して悪いことではありませんが、蕁麻疹が出やすい人はこの機能が必要以上に働いてしまうことで困った症状に結びついてしまいます。

アレルギー体質を改善するには一般的に、食事や運動、生活習慣の見直しが必要と言われています。

中でも、食事により腸内環境を改善することで症状が改善されることが多く、アレルギー体質を改善する具体的な食事内容は以下のようなものになります。

・バランスのとれた食事を心がける
高脂肪高カロリーの食事は魅力的ですが、偏った食事は腸内環境を乱して免疫力の低下につながります。
体に良いからといって特定のものばかり食べるのもよくありませんので、肉、魚、野菜、果物、豆や海藻類などバランスよく食べるよう心がけましょう。

・甘いものや冷たいものを摂りすぎない
最近はクリームたっぷりのパンケーキやパフェなどが人気ですが、甘いものをよく食べる人は体が冷えやすい傾向があります。
体が冷えやすい人は新陳代謝が悪く血行も悪いため、アレルギー症状が起こりやすくなります。

・ヨーグルトを食べる
少し前から、花粉症などのアレルギーに、ある種の乳酸菌が効果的であることが報告されており、乳酸菌を手軽に取り入れる方法としてヨーグルトが挙げられます。
最近ではこのような菌を配合した高機能のヨーグルトが数多く売られているので、自分に合ったものを見つけ継続して食べてみましょう。

最近我が家で注目しているのは、麹から作る甘酒で免疫力アップに効果的と言われています。
麹から作るのでアルコールが入っていないので、子供にも安心して飲ます事ができますしね♪

まとめ

体質を改善するという事は、とても時間がかかります。
すぐに結果が出なくても根気よく続けることが重要になりますので、ご紹介した内容を参考にして、無理せず続けやすい方法を試してみましょう。
特に子供は好き嫌いが多く、バランスの良い食事を作っても食べない事が多いんですよね( ゚Д゚)
無理に食べさせると子供も気持ちが滅入ってしまうので、少量でも良いので食べたら褒めてあげると良いと思います。
子供のじんましんは親子で気長に頑張りましょう!
[blogcard url=”https://kurasinobenrimemo.com/kanreiaresyoujyou-1190″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA