花粉症にヨーグルトが効くのは嘘?ホント?食べ方や量に決まりは?

花粉症などのアレルギー症状に悩む人は年々増えていると言われています。

アレルギーに効果があると言われる食品はいくつかありますが、近年注目を集めているのがヨーグルトです。

テレビのCMでも「生きて腸まで届く」とか「強さひきだす」「リスクと戦う」などといった体に良さそうなフレーズをよく聞きますね。

ヨーグルトが花粉症に良いのはなんとなく知っているけど、詳しくは知らない・・そんな方も多いと思います。

そこで、ヨーグルトと花粉症との関係について一緒にチェックしていきましょう。

花粉症にヨーグルトは効果があり?


結論からお話しすると、ヨーグルトは花粉症の改善に繋がっている事は間違いないようです。

というのも、花粉症などのアレルギー性疾患と腸内環境については、深い関係があると言われているんですね。

まずヨーグルトには腸内環境を整えてくれる乳酸菌が多く含まれているのはご存知だと思いますが、乳酸菌には他にも

・免疫力強化
・アレルギー抑制

この2つの効果もあると言われているんです。

そのため、ヨーグルトに含まれる乳酸菌を摂取する事で、腸内環境が整えられて花粉症の症状も改善される、と言われるようになりました。

実際に花粉症が酷い職場の先輩も昼食後のデザートとして、ヨーグルトを毎日食べていたら少し改善された、という話を私も実際に目の当たりにしています。

ただし、食べ方や継続日数によっても、効果は全然違っていきますので、そちらもチェックしていきましょう。

効果的なヨーグルトの食べ方は?

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は腸内環境を整え、アレルギーが起こりにくい体質に改善することが期待できます。

ただし、ヨーグルトを食べたからといってすぐに体質が変わるわけではありません!

乳酸菌は一度食べても長い間腸内にとどまっているわけではないので、毎日継続して食べることが大切です。

おすすめなのは花粉症になる3カ月くらい前から毎日ヨーグルトを摂取する、というコト。

長い時間をかけて腸内環境を整え花粉症を予防する、という事が重要なポイントになります。

花粉症になって食べるようじゃ遅いので注意してくださいね!

健康の為にも1年を通してヨーグルトを食べる習慣を付けると、更に良いと思います^^

継続は力なり、ですよっ。

また、ヨーグルトの中には食べやすいように甘味料が多く含まれたものもたくさん販売されています。

おやつとして食べるのはかまいませんが、花粉症などのアレルギーへの効果を期待するなら、菌の種類や健康効果が明記されているものを選ぶようにしましょう。

食べる時間や量

ヨーグルトは朝、夜どちらに食べると良いのか?ということは一概には言えません。

朝ヨーグルトを食べると便秘に効果があると言われていますが、夜のほうが腸の働きが活発なので、夜食べたほうが整腸作用が増すという意見もあります。

大事なのは継続してヨーグルトをとることですので、自分の生活パターンにあった時間帯を選ぶようにしましょう。

また、空腹時よりも食後に食べたほうが乳酸菌が腸に届きやすいと言われている為、できれば食後のデザートとして食べるようにしましょう。

さらに、1日に食べるヨーグルトの量は100gが目安となっています。

100gというと、コンビニなどで個別に売られているカップ入りのヨーグルトが大体この量になります。

乳酸菌はたとえ死菌であっても免疫細胞を活性化させると言われていますので、食後に食べるのがどうしても難しい場合は、おやつとして食事と食事の間に食べるようにしましょう。

おわりに

花粉症に効果的なヨーグルトの種類や食べ方についてご紹介しました。

ヨーグルトを食べることで腸内環境が改善されれば免疫力が上がり、花粉症だけでなく、その他の病気や体の不調も改善される可能性があります。

体質を変えるにはある程度の時間が必要ですので、半年〜数年後を見据えて食生活の中にヨーグルトを取り入れるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA