花粉症用メガネって効果ある?選び方のポイントと注意点!

長い冬が終わると思ったら次は、花粉症の心配をしなくてはならない時期がやってきましたね((+_+))

花粉が飛んでいる時期にはできれば外出したくないところですが、そうもいかないのが現実です。

そんな時、マスクと並んで花粉から身を守ってくれるのが花粉症用のメガネ!

マスクに比べるとまだまだ利用する人は少ないようですが、その効果や選び方のポイントをまとめてみました。

花粉症用のメガネは効果があるの?


花粉症とメガネの関係ですが、普通のメガネであってもかけることで、花粉の量を1/2〜1/3もカットできると言われています。

ただ、花粉量を1/2にできたからといって、花粉症の症状がどの程度軽減できるかについてははっきりとわかっていません。

とはいえ、より多くの花粉をカットできれば、症状は楽になると予想できますよね。

メーカーによっては花粉症対策用のメガネを着用することで、90%~それ以上の量の花粉をカットできると謳っているものもありますので、使ってみる価値はありそうです。

実際使った人の感想を見てもだいぶ良くなった、というものがほとんどです。

では、花粉症用のメガネと普通のメガネのどこが違うのか、という話になりますが、大きな違いはメガネと顔の間に隙間があるかどうか、です。

よりメガネと顔がフィットしている方が花粉を多くカットしてくれます。

少し前まで花粉症用のメガネといえば、ぴったりと顔にフィットするゴーグル型のメガネがほとんどでした。

今は普通のメガネにより近いデザインのものが多くなり、普段の生活でもかけやすいものが多く出ています。

メガネを選ぶポイントと注意点

花粉症用のメガネを買うときに考えなければならないのは【効果を重視するか、デザインを重視するか】です。

花粉のカット率だけを考えるとゴーグル型のものがいいようですが、これを日常ずっとかけるのは少し勇気がいるかもしれません。

一見普通のメガネのように見えて、フレームと顔の間のガード部分を透明のラバー素材にするなど、花粉カット率を高めた商品も数多く出ていますので、デザインの気に入ったものを選ぶことをお勧めします。

楽天で販売されているこちらのメガネも、花粉症用とは思えないデザインですよね。

もう一つのポイントは、店頭で実際に試着して自分にあったものを選ぶことです。

似合う似合わないの問題もありますが、顔のカーブにより近いものを選ぶことで、より多くの花粉をカットことができます。

人によりおでこや頬骨の形が違うので、自分の顔のカーブによりあったメガネを選ぶようにしましょう。

また、花粉症の人はメガネと同時にマスクをすることがほとんどなので、メガネが曇りにくいことが求められます。

最初から曇りにくいレンズを使用しているものもありますし、オプションで曇り止めのレンズに変えることもできます。

すでに持っている人は、曇り止めのスプレーを使うという方法もありますよ。

まとめ

花粉症の時期は、普段メガネをかけない人も花粉症予防のメガネをかける事をお勧めします。

特に外出時はメガネとマスクの2点セットで、花粉から身を守るようにしましょう。

選ぶ際は花粉カット率、デザイン、顔へのフィット感、価格などを総合的に判断して、気に入った一本を選ぶようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA