チョコレートケーキのコーティングのやり方!初心者でもうまくいくコツは?

毎年クリスマスやバレンタイン、子供の誕生日などのイベントごとにチョコレートケーキを手作りしています♪

自分でいうのもなんですが、市販のものよりかなり美味しいんですよ!笑

ポイントはスポンジケーキの上にかけるコーティング(ガナッシュ)だと思うのですが、なんとなく難しく感じてませんか?

ケーキ屋さんのように本科的に作るのは難しいけど、自宅でなんちゃってガナッシュなら簡単に作る事ができますよ^^

まずはコーティングする準備をしていきましょう!

スポンジケーキを手作りするのが苦手‥という場合は、市販されているスポンジケーキでもOKなのですが、ちょっと甘くてパサついてるので、美味しくはないんですね(+_+)

そこで、おすすめなのがモントンのスポンジケーキです。

プレーンタイプとショコラタイプの2種類売っています。

これは卵と牛乳を用意しておけば、混ぜ合わせるだけで美味しいスポンジケーキができる、という市販のキットなんです。

初心者でもふんわりとしたスポンジを焼く事ができ、手作りと変わらない美味しさなので、ものすごくおすすめ!

私も今回はモントンで作ってみましたよ♪

では早速、コーティングを作っていきましょう!

コーティング(ガナッシュ)の作り方

コーティングに必要な材料はたった2つ。

(直径16センチのケーキ型)
・生クリーム 200ml
・板チョコ 3枚

あとは、鍋とヘラなども用意しておいてくださいね。

下準備として板チョコを細かく砕いて、溶かしやすくしておきます。

まずは鍋に生クリームを入れて、中火であたためていきましょう。
※沸騰させない事!

まわりがフツフツしてきたら、砕いたチョコを全部入れてヘラで溶かしていきましょう。

あっという間に溶けてチョコレート色になるので、火から下ろして少し冷ましておきましょう。

これでコーティングするチョコレートは完成です!あとは、スポンジにかけていきましょう。

ちなみに我が家ではコーティングする前にスポンジを半分に切って、コーティング用のチョコレートを塗ってその上にイチゴを乗せてデコっています。

チョコとイチゴの甘酸っぱさがなんともいえなく、オイシーーーんです♥

また、半分に切った場合は切った方のスポンジ側を上に向ける事で、見た目のキレイなケーキができるので、やってみてくださいね。


こんな感じで切った面を上にする★

コーティングする時のコツは?

チョコレートのコーティングといえば、パティシエは上からガーっとキレイにかけて整えていますが、素人には難しすぎる‥

でも似たようにやってみよう!と思い、閃いたのが網の上に皿を置いて上からガーっとかける方法です( *´艸`)

オーブンレンジの網の上にスポンジケーキを置いて、その下にチョコレートが受け止められる大き目の皿を用意します。

こんな感じで♪

それを上からまんべんなくかかるように、コーティングしていきましょう。

私は鍋ごと持ってガーっとやっています。

こんな風に結構上手にかかりました^^

変に触ってしまうと見た目が悪くなってしまう事が多いので、気になる部分があっても私は見なかったふり笑。

あとはお皿に移して、好きなように上にデコレーションしてみたり、ココアパウダーを振りかけてみたりしてみてくださいね。

我が家はクリスマスケーキとして作ったので、いちごサンタでデコってみました(*´▽`*)

コーティングしたイチゴがスポンジに染み込んで、しっとりとした美味しいチョコレートケーキになります。

我が家ではワンホールがすぐに売り切れちゃいます^^;

保存する時のポイント

チョコレートケーキを保存する時、そのままラップでくるんでしまうと、チョコとラップがくっついて大変な事になってしまいます。

そこで爪楊枝が竹串を何本か軽くさしておきましょう。

その上からラップをふんわりとかけるようにすると、チョコとラップがあまりくっつかずに、保存する事ができます。

是非試してみてくださいね♪

MEMO
鍋についたチョココーティングは牛乳を入れて温めると、ココア風で美味しいので、最後まで捨てずに美味しく食べてみてください。

まとめ

ちなみにチョコレートはガーナがおすすめです!

いや、好みの問題かもしれませんが私はチョコレートケーキにガーナ以外には考えらないんです笑。

もっと濃厚なガナッシュにしたい場合は、板チョコを1枚追加しても良いと思うので、お好みでやってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA