赤ちゃんの日焼け止めはいつから必要?選ぶ時の注意点とは?

この記事の所要時間: 650

温かい時期になると赤ちゃんと外出する機会が増えてきますが、その分気になってしまうのが日焼け対策。

でも生まれて間もない赤ちゃんに日焼け止めって使っていいのかニャ―

日焼け止めを塗ってしまう事で敏感な赤ちゃんの肌が荒れてしまわないか‥初めてのお子さんだと特に心配になってしまいますよね。

そもそも赤ちゃんに日焼け止めは必要なのでしょうか、日焼け止めを使っていい時期についても悩みますよね。

そこで、赤ちゃんへの正しい日焼け止めの方法や日焼け止めの落とし方などについてをご紹介いたします。

また、赤ちゃんに塗る日焼け止めの正しい選び方についてもぜひ知っておきましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんの日焼け止めはいつから必要?


基本的に、外出する際には 生後1カ月から紫外線対策をする必要があります

といっても、生後1カ月以内は過ごす事も多いので、多くは出歩くようになる生後2カ月から使い始める家庭が多いようです^^

私も上の子の時は散歩に出歩くようになった、生後2か月から赤ちゃん用の低刺激性のものを使うようにしていました。

ママになりたてて知識もなかった私は、夏の暑い時期だけ対策をすればいいんだろうぐらいに思っていたのですが、紫外線は1年中降り注いでいるんです!

だから、基本的には外出する際は1年中紫外線対策をしなくてはなりません。

赤ちゃんを連れて外出する機会が増えてきたら、日焼け止めを軽く塗ってあげるようにしましょう。

特に夏になると紫外線が強くなるので、赤ちゃんもスキンケアは重要になってきます。

新生児期や乳幼児期の赤ちゃんのお肌は、大人のお肌よりもすごくデリケートなので、強い日差しに長時間いるとやけどや水ぶくれの恐れも考えられます。

また、赤ちゃんの頃に紫外線を浴びすぎるとダメージが蓄積されて、大人になった時にしわやシミ・皮膚がんなどを引き起こす原因になってしまうこともあると言われいるんです。

月齢が低い赤ちゃん程、お肌はすごくデリケートなので、紫外線にはできるだけ当たりたくないものですが、お外のお散歩もすごく重要なもの。

将来のことを考えて、今からしっかりとお肌のお手入れを行っておくと良いですね。

日焼け止めを選ぶ時の注意点は?


赤ちゃんの日焼け止めを選ぶ時は

・低刺激
・香料なし
・防腐剤なし
・着色料なし
・石鹸で落とせる

以上の項目を満たしている日焼け止めを選ぶようにしましょう。

他にも「紫外線散乱剤」が主成分の日焼け止めを使うようにするのがおススメだと言われています。

というのも紫外線吸収剤が主成分となっている日焼け止めは、アレルギーになる可能性が指摘されていて避けた方が無難だと言われています。

赤ちゃんの日焼け止めは「紫外線吸収剤無配合」のものを選ぶようにしましょう

ちなみに楽天で口コミ評価の高いベビー用日焼け止めはこちら★

ちなみに、近場の外出だと大人もお肌に負担をかけないよう赤ちゃん用の日焼け止めでお肌への負担を軽くするのもおすすめ♪

SPFはどれぐらいのものを選べばいいの?

日焼け止めを選ぶ基準にSPFの値がありますが、SPFやPAの数値が高い方が日焼け止めの効果は高いのですが、肌への負担も大きくなります。

近場でお散歩ぐらいなら SPF20~30程度の低いSPFの数値で肌への負担も少なくしてあげる事をおすすめします。

アウトドアなど長時間太陽を浴びる場合はもう少し高い数値の日焼け止めを選ぶようにして、帰宅後はしっかりと洗い流してあげる事が大切です。

赤ちゃん用の日焼け止めはメーカーによって使用可能な月齢が決められている場合があります。
購入する場合は成分と共にしっかり確認してから買うようにしましょう。
それともう1つ!
日焼け止めを塗ると肌がガサガサになる敏感肌の赤ちゃんには保湿剤を塗ってから日焼け止めを塗ると落ち着く場合があるので試してみてくださいね。
スポンサードリンク

日焼け止めを落とす時のポイント

日焼け止めを長時間つけていると、お肌に負担を与えてしまいます。

外に出る機会が多い時には日焼け止めでしっかりとケアをし、帰宅後にはしっかりと落としてお肌を守ります。

日焼け止めを落とす基本的な洗い方は

【石鹸を付けたママの手で優しく洗い落としてあげましょう】

赤ちゃんん肌はデリケートなので、タオルでゴシゴシ洗うと肌を傷つけてしまう事もあるので、ママの手でやさしく落とす事がポイントです。

ただし、メーカーによって落とし方が石鹸以外の場合もあるのでまずは説明書をよく読んでくださいね。

またSPFの高い日焼け止めは石鹸では落ちにくい場合があるため、2回くらい洗ってあげると良いと思います^^

そして日焼け止めをしっかりと落とした後は、しっかりと保湿してあげることも大切です!

赤ちゃんのお肌はすごく乾燥しやすいので、そのまま放っておくと、肌トラブルに悩まされやすくなります。

赤ちゃん用のクリームやローションなどを使って、必ずお肌の保湿は行うようにしましょう。

日焼け止め以外の紫外線対策

 


外出する際には日焼け止めを塗る事も大切ですが、以下の事にも気をつけてみてくださいね。

赤ちゃんの紫外線対策
・帽子をかぶる※つばの広い帽子がおすすめ
・首にガーゼを当てる
・ベビーカーの日よけを利用する※地面からの照り返しに注意
・抱っこ紐ならママは日傘を利用する
・紫外線の多い10時~15時までは外出を避ける※早朝や夕方がおすすめ
・薄手の長袖、長ズボンを持ち歩く(虫よけ対策もあり)

外出する時は赤ちゃんもママも水分補給を忘れずに熱中症に気を付けて、親子で散歩を楽しんでくださいね。

おわりに

日焼け止めも色々なメーカーから発売されていますが、やっぱり一番信頼できるのがベビー用品のメーカーかなと勝手に思っています^^

赤ちゃんってバタバタ動くので日焼け止めも塗るのが大変ですが、私のママ友の間では泡タイプが塗りやすいと人気でしたよ♪

万が一、日焼け止めを塗って肌が赤くなったりただれてしまった場合は、すぐに使用を中止してかかりつけの病院に相談してくださいね。

スポンサードリンク

おすすめトピック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA