卒園式に付けるコサージュの場所は?大きさや色選びのポイント!

幼稚園の卒園式に出席する際には、スーツを着ようと考えている方が多いと思います。

基本的には黒系の暗めなスーツを着用するのがマナーとなっています。

ただ、黒のスーツだけだと色の通りに暗いイメージになりがちなのですが、それをコサージュでつける事によって華やかさが大幅アップするんです。

コサージュといっても、付ける位置、大きさによって印象が変わるので、注意が必要!

今日はコサージュの色や位置、色について私なりの経験も含めてご紹介しますね。

卒園式に付けるコサージュの場所は?


コサージュをつける場所といえば、誰もが「胸元だろう」という事は理解している方も多いと思います。

ただ「右?左?あれ、どっちだっけ?」と、いざ付けるとなるとこの位置であっているのか心配になりますよね。

実は、正解は【左胸】です。

スーツの通販カタログやチラシを見てみると、一目瞭然!みんな向かって右側、自分の左胸につけています。

これには理由があり、人は正面から物を見る時に、右側に視線が行く癖があるため、向かって右側にコサージュをつけた方が視線をより集めるようです。

また、つける高さはあまり下すぎるとスタイルが悪く見えるので【鎖骨と脇の下の中間ぐらい】がバランス良く見えますよ。

コサージュの大きさは?

コサージュの大きさに決まりはありませんが、7~9センチ程度で装飾も適度にあるものを選ぶと、存在感はあるけど主張していない感じでおすすめです。

10センチ以上のものならそれなりの存在感を出してくれて、羽などが付いたものも素敵ですが、最大でも12センチぐらいまでにしておきましょう。

品良く見えまずまず目立ってくれるとなると7〜9センチがちょうど良いかな、と思います。

コサージュは大きさが1センチ違うだけでも、見た目の印象が変わるので鏡を見ながらスーツに合わせてみてくださいね。

コサージュの色選びのポイントは?

コサージュの色ですが、以下の3色がオススメです。

①グレー
②ネイビー
③ベージュ

ダーク系のスーツに合わせることを考えると①②は同系色、逆に③はダークな色合いの中で華やかに引き立つ色合いになります。

・グレー
グレーにも濃淡がありますが、濃いめのグレーならよりシンプルで、大人っぽい印象になります。
逆に淡いグレーならパステル系のスーツにも合わせることができ、華やかな雰囲気に♪

・ネイビー
ネイビーはどんな色にも合わせやすく、フォーマル感のある色です。
普段からシンプルな服装を好む人にもぴったりです。
光沢のある素材を選ぶと場にあった華やかさが出せます。

・ベージュ
3色の中で私の一番のオススメはベージュです。自分でも愛用している色です。
これ一つあれば、黒、紺、ベージュ、グレーなどいろいろな色のスーツに合わせられます。
スーツを着るときにはパールのネックレスを合わせることが多いので、パールと同系色で相性抜群のベージュなら顔周りがうまくまとまりますよ。

まとめ

卒園式が終わるとすぐに入学式が待っていますが、入学式には晴れやかなパステルカラーのスーツを着ることが多いですね。

ダーク系のスーツに合わせるコサージュの色をご紹介しましたが、実はこの3色ならパステル系の淡い色のスーツにもよく合います。

さらにコサージュと髪飾りの2wayのものは汎用性が高く、ピアノの発表会や結婚式にお呼ばれしたときに子供の髪に使えて重宝しました。

せっかくなので選ぶ際にはいろいろなシーンを想像して選ぶと良いと思います。ぜひ参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA