幼稚園の卒園式でママが着る服装のマナーとは?靴やバッグの色も気になる!

幼稚園・保育園生活の最後を締めくくる卒園式。

主役はもちろんお子さんですが、お子さんの園生活を支えたママにとっても節目となる重要な行事ですよね。

そんな卒園式に参加するにあたって、多くのママが悩むのが【ママの服装】です。

雰囲気にそぐわない格好で参加してしまうとせっかくの卒園式も台無しになってしまいます。

そこで今日は卒園式でのママの服装のマナーや、靴やバッグについてもご紹介したいと思います!

卒園式にママが着る服装のマナーは?


卒園式でのママの服装に「絶対にこうじゃないとダメ」という決まりがあるわけではありません。

ですが、その場にふさわしい格好をするのが大人としてのマナーです。

そこで卒園式のママの服装のマナーや、注意してほしいポイントなどをいくつか紹介していきますね。

着物でもスーツでもOK

着物がいいのかスーツがいいのかと悩むママもいると思いますが、どちらでも構いません。
ご自分が好きな方を選んでくださいね。
ただし、ママの服装が指定の幼稚園もあるので注意が必要です。
スーツを指定されているのに着物を着ていたらマナー違反ですし、一人だけ浮いてしまいますよね^^;
園から指定があるのかどうかは必ず確認するようにしましょう!

スーツはダークカラーが基本

“おめでたい式なんだから華やかに!”と思いがちですが、めでたいと同時に別れや旅立ちの式でもあります。
そういった意味でもスーツのカラーは黒や紺といったダークカラーを選ぶようにしましょう。
ただし、スーツのカラーも園からの指定がないかどうかをきちんと確認して下さいね。

着物は派手なカラーはNG、柄は無地または小振りのものを

着物はスーツとは反対に薄いカラーのものがおすすめ。
パステルカラーなどの春らしい色や落ち着いたカラーを選ぶようにしましょう。
黒などのダークカラーでもOKですが、黒の無地の着物はお葬式を連想させてしまうので避けましょう。
着物の柄は大振りな柄のものではなく小振りな柄を選んで下さい。
あくまでも主役は子供なので、ママの方が目立ってしまうということのないよう、誰が見ても上品だと思うような着物を選びましょうね。

ジャケットは必ず着用を

たとえ子供の行事だとしても、卒園式は立派な式典です。
着物以外の方は必ずジャケットを着用しましょう。
ワンピース、パンツスーツ、スカート、どれを選んでも構いませんが、どれを選んでもジャケットは必須ですよ。

スカートは膝丈で

スカート又はワンピースを着用する方は丈にも気を配る必要があります。
ミニスカートやロングスカートは卒園式にはふさわしくありません。膝丈のものを着用しましょう。

コサージュやアクセサリーで華やかに

ダークカラーのスーツが基本の卒園式ですが、やはりおめでたい式ですので華やかな印象を演出したいですよね。
コサージュやアクセサリーをつけるだけでも雰囲気が変わるので、スーツに合わせて選びましょう。
ただし、コサージュやアクセサリーに目がいってしまうような派手なものはNGです。

以上の事に気をつけて選べば《一人だけ浮いている》《悪目立ちしている》ということはありません。

それでもやっぱり心配という方は、同じ園出身のお子さんをもつ先輩ママさんに相談してみましょう。

園の卒園式の雰囲気や他のママの服装なども知ることができますよ♪

靴の色はどうする?

卒園式ではスーツだけでなく、合わせる小物のカラーにも気を配れるといいですね。

靴の色もスーツ同様に特に決まりはありません。

が、やはり真っ赤なパンプスなどあまり派手なカラーは控えた方がよいでしょう。

どんなスーツにでも合い、卒園式にピッタリなカラーは『黒』。やはり一番無難で定番のカラーですよね。

また、紺のスーツなら靴も紺、グレーのスーツなら靴もグレーというようにスーツのカラーに合わせるのもよいでしょう。

靴を選ぶ際に一つだけ気をつけてほしいことがあります。

それは、爪先からかかとまできちんと隠れる靴を選ぶということ★

オープントゥやバッグストラップのものは卒園式には相応しくありません。

難しく考えずに、普通のパンプスを選べば間違いないですね^^

バッグの色はどうする?

靴以外にもう一つ気にしてほしいのがバッグです。

スーツや靴と同様にバッグにも正式な決まりはありません。

定番カラーは黒ですが、コサージュなどと合わせて明るめなカラーでもOKです。

何度も言っていますが、派手過ぎるものはNGなので注意して下さいね。

大きさにも細かな決まりはありません。

小さめのバッグにサブバッグを用意するママもいれば、大きめのバッグを一つだけというママもいます。

ご自分が使いやすいものを選ぶといいでしょう。

ただし、スーツにパンプスとフォーマルな装いなのにバッグだけカジュアルなものだとおかしいですよね。

装いに合うバッグを選ぶようにして下さいね。

まとめ

お子さんの大切な卒園式、ママの服装で雰囲気を壊してしまうことのないようにしたいですね。

記念写真として一生残るといっても過言ではないので。後から見返しても恥ずかしくないような装いで参加しましょう。

お子さんにとってもママにとっても素敵な卒園式になるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA