ロティサリーチキンをアレンジしたら晩ご飯1食分が節約できた話♪

コストコのロティサリーチキンは、想像以上に身が詰まっているので、1日で食べきるのって難しいですよね。

我が家もクリスマスに食べたロティサリーチキンが大量に余ったのですが、翌日も同じように食べると子供が飽きてしまい全然食べません( ゚Д゚)

全然違う形なら子供達も食べてくれるのでは?と思い、翌日にチキンを別の料理にアレンジして、晩ご飯にしちゃう事に♪

全く買い物に行かない状態で家にあるものだけで作ってみたのですが、意外と献立っぽくなりましたよ(*´▽`*)

ロティサリーチキンをアレンジして、1食分の夕食代を節約してみましょう!

アレンジメニューを作る前に、まずはロティサリーチキンを骨と身に分けておく事から始めます。

ボウルを2つ用意して骨と身に分けておきましょう。

骨にも身がついている部分が多く、良い出汁が出るので間違っても捨てないでくださいね。

我が家では、この骨と身を使って

・サムゲタンスープ
・マカロニグラタン

以上の2つを作る事にしました(*´▽`*)早速作っていきましょう。

鶏の骨で作るサムゲタンの作り方

まずは材料からチェックしていきましょう。

材料
・ロティサリーチキンの骨
・卵
・ネギ
・ご飯
・塩、コショウ

まずは骨から鶏ガラスープを作っていくので、鍋に湯を沸かしておきましょう。

沸騰したら鶏の骨を全部入れてそのまま煮詰めていきます。

だんだん骨についていた身もはがれてきますよ。

しばらく(私は1時間くらい)火を通して骨を取り出すと、こんな濃厚なスープができあがります。

水かお湯でお好みの濃さに調整して、再び火にかけていきましょう!

みじん切りしたネギを入れて、塩コショウで味を調節。

ご飯を投入し、最後に溶き卵を回し入れて完成!

注意
※スープの量に対してご飯の量が多すぎると、ドロッとしたサムゲタンができるので、気持ち少なめぐらいの量がおすすめです。
黒コショウを振って食べると大人の味になります。
冷え性の方はショウガを入れても美味しいですよ♪

さて、夕飯のスープができた所で次はメインのマカロニグラタンを作っていきましょう。


余ったチキンで作るマカロニグラタン

マカロニグラタンは、グラタンの素でサササッと楽しちゃいます(*ノωノ)

材料
・余ったロティサリーチキン
・たまねぎ
・グラタンの素(マカロニ入り)

自宅にある野菜や海鮮などがあれば、一緒に入れると栄養面もバッチリなのですが、何せ自宅にあるものがなかった・・

栄養は野菜サラダで取るとして、一気に作ってしまいましょ!

グラタンの素を使うので、大した事しないのですがフライパンに油(大1)を入れて熱し、たまねぎを炒めます。
しんなりしてきたら、余ったロティサリーチキンを入れて、さらに炒めましょう。

あとはグラタンの素の裏側についている説明通り、粉、牛乳、水、マカロニを入れて、かき混ぜながら熱を加えていくだけ。

火を止めたらあとはグラタン皿に盛るだけで、完成!

あとはチーズをのせて、オーブントースターでチーズがカリカリになるまで焼くだけ^^;

焼き上がりそうになったら、サムゲタンのスープも温めなおして、晩ご飯の準備を始めましょう。

これで、余ったロティサリーチキンを使った「サムゲタンスープとマカロニグラタン」の完成でーす icon-music 

この他に、野菜サラダと果物を添えて子供達の晩ご飯にしました^^

骨から取った出汁は、ものすごく深い味がしてサムゲタンスープにいはピッタリです!

しかもマカロニグラタンは、ホワイトソースと味の付いたロティサリーチキンが融合して、いつもの胸肉を使うよりも劇的においしくなってます。

これにはビックリ~!グラタンの為に今後はチキンを残しておきたくなります笑。

子供達も美味しいって満足してくれたし、1食分買い出しに行かなくて済んだし万々歳です(/・ω・)/

たった699円のロティサリーチキンで、身から骨まで食べつくす事ができるって、コストコって改めて素敵♥

やっぱりコストコ、やめられませんわ~。

っていうお話でした笑。
おすすめ記事♪
コストコのロティサリーチキンを丸ごと冷凍!オーブンで焼くコツは?アラジントースター│4枚と2枚焼きどっちにする?迷った時に選ぶポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA