お年玉│甥姪への相場を年齢別にチェック!金額設定のポイントは?

お正月に子供たちが楽しみにしているものといえば『お年玉』ですよね♪

親の立場としては甥っ子や姪っ子が多ければ多いほど大変なのですが、1年に1度の事なので喜んでくれるなら嬉しいかな^^;

さて、そんな甥・姪へのお年玉ですが【いくらあげたらいいんだろう?】と悩む事ありますよね。

「あの家はこれだけもらったのに、おばさんちはこれだけかぁ‥」なんて影で思われても嫌だし、平均的な相場で渡したいものです。

そこで今日は甥姪へのお年玉の金額の相場を年齢別にご紹介します。

金額設定のポイントもご紹介するので参考にして下さいね!

甥姪へのお年玉の相場は?


甥姪へのお年玉といっても、当たり前ですが幼稚園児と高校生では相場も違ってきますよね。

というわけで年齢別に相場をチェックしていきましょう。

・0~3歳頃
まだ幼稚園に入る前の0~3歳児の相場は500~1000円程度。
また、まだお年玉なんて分からない赤ちゃんには相場と同額程度のオモチャや洋服をプレゼントするという方も多いようです。

・幼稚園児(4~6歳頃)
幼稚園児の相場は1000円程度です。
まだまだあまりお金の価値が分かっていない頃なので、千円札を渡すよりも500円玉2枚で渡した方が喜ぶ子も多いんですよ!
私の母親は孫に1円、5円、10円、50円、100円、500円それぞれ1枚づつ入れて渡していた事があります^^

・小学校低学年(7~9歳頃)
小学校低学年の相場は2000円前後。
小学校に上がるとお兄さんお姉さんになったということで、金額を少しアップする方が多いですね。

・小学校高学年(10~12歳頃)
小学校高学年の相場は3,000円前後となっています。
低学年まではどこの家庭も同じ位の金額ですが、高学年頃からは少しづつバラつきがでてくるようです。
中には5,000円渡す方もいるようですが、小学生では渡し過ぎでは?と思っちゃいますね^^;

・中学生
中学生の相場は5000円程度です。
この位の年齢になると金額もグンと上がる為、甥っ子姪っ子が沢山いる場合には、かなりの出費になりそうです( ;∀;)

・高校生
高校生の相場は1万円が相場となっています。
高校生になると1万円を超える人が多くなっており、中には2万、3万貰っているという強者も!
高校生はバイトしてるからいらないんちゃうかなーって思ってしまうケチ臭いおばさんです笑。

ちなみに大学生にはあげる派とあげない派で意見が分かれるようです。
4年生大学に通えば20歳を過ぎるので「もう大人でしょ!」という意見もあれば「学生のうちはまだ子供」という意見もあり、賛否両論。

ご自身の判断や家族、親戚間で決めるのがいいかもしれませんね。

金額を設定する時のポイント

甥っ子や姪っ子のお年玉の金額を設定する時のポイントは

【自分一人で決めない事】
【初めてあげる時にルールを決めてしまう事】

です。

甥っ子姪っ子にお年玉をあげるのはあなただけではないハズ!恐らく他の親戚の方も渡す予定ですよね。

その親戚達と金額を決めれば、いくらあげればいいのか一人で頭を悩ませる必要もありませんし「○○さんからは多くて○○さんからは少ない」なんて事もなくなります。

親戚一同で金額を決めて、みんな一律にしてしまいましょう!

また、一番最初にルールを決めてしまえば毎年考える必要はありません。

例えば『幼稚園を卒園するまでは○○円、小学校低学年は○○円』といった感じにしてもいいですし、『年齢×1000円』と決めている方もいらっしゃいます。

年齢×1000円が少し高すぎると思う場合は『年齢÷2×1000円』という方法も♪

あとはそのルールに従って毎年お年玉をあげるだけです。

今までルールなんて決めてない!という方も大丈夫です。今年からルールを決めてしまいましょう(*^^)v

ちなみに私の甥姪は高校1年生と中学2年生で、我が家の子供達が小学生と年齢差があるので、親戚間でいくら渡すというルールを話し合った事がありません。

なので他の方がいくら入れているのか知らないのですが、我が家は我が家で決めたルール(高校生は五千円で、中学生は3,000円)に従ってお年玉を渡すようにしています。

自分達のいない所で文句言われても仕方ないやーって割り切ってます。

まとめ

やはり、年齢が上がるにつれて金額も徐々に上がっていきますよね。
中学や高校に進学した時が一番悩みそう‥ですが、こちらでご紹介したのはあくまでも相場です!
それぞれの家庭や親戚達のルールに従って金額を設定して下さいね。
子供には中々伝わりにくいかもしれませんが、お年玉は「渡したい」という気持ちが一番大切なんですよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA