おはぎとぼたもちの違い!こしあんとつぶあんどっちが美味しい?

この記事の所要時間: 516

お彼岸に欠かせない食べ物といえば『おはぎ』と『ぼたもち』ですよね。

なーんて、当たり前のように言っていますが「おはぎ&ぼたもちって何が違うの?」と子供に聞かれたら私は明確な回答ができないかもしれません(T_T)

一見すると同じに見える『おはぎ』と『ぼたもち』ですが、実は決定的な違いがあるんです!

今日はおはぎとぼたもちの違いについて詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

おはぎとぼたもちの違いは?


結論から言うと、おはぎとぼたもちは同じ食べ物です!

ただし、3つの違いがあるのでチェックしてみましょう。

その1:食べる時期
お彼岸に食べる事が多い、おはぎやぼたもちですが その違いは食べる時期にあります。

お彼岸は春分の頃と秋分の頃と年2回あるのですが、春と秋どちらのお彼岸に食べるかによって呼び名が違うんです。

春のお彼岸では『ぼたもち』と呼び、その由来は春に咲く牡丹の花です。

小豆の粒を牡丹の花に見立てて“牡丹餅”と呼ばれていたものが、いつしか『ぼたもち』と呼ばれるようになったといわれています。

『おはぎ』は秋のお彼岸での呼び方です。

由来はぼたもちと同じでその季節に咲く花である「萩の花」からきています。

小豆を秋に咲く萩の花に見立てて『おはぎ』と呼ばれるようになったといわれているんですよ。

その2:大きさ
牡丹の花と萩の花を比べると牡丹の花は大きく、萩の花は小さめの花が咲きます。

それにならって、 ぼたもちの方がおはぎよりも大きいのです。

とはいえ、スーパーで売られているものはサイズの違いはほとんどないのが現状です^^;

もし、手作りされる場合は大きさにも気を配ってみるといいかもしれませんね♪

その3:あんこ
ぼたもちとおはぎは、あんこに違いがあって

・ぼたもちには、こしあん
・おはぎには、つぶあん
が使われています♪

その理由として。 小豆の収穫時期が大きく関係しているんですね★

小豆は秋に収穫される為、秋の彼岸の時期には皮まで柔らかいとれたての小豆を使うことができ、皮のまま潰してあんこにしても美味しく食べられるので、粒あんが使われるます。

反対に春のお彼岸では、秋に収穫して冬を越した小豆を使います。

とれたての小豆とは違い皮が固くなってしまうのでそのまま使うことはできず、皮をとり除いた小豆を使います。

その為、こしあんになるという訳です♪

とはいえ、最近では様々な技術の発達などにより、春でも秋でも美味しく粒あんを食べることができます。

その証拠に、春でも秋でも粒あんのもの、こしあんのもの、両方売られていますよね!

このような理由があったということを知った上で、春だから…秋だから…ということにとらわれず、ご自分の好きな方や故人が好きだった方を美味しくいただけばいいのではないかと思います^^

ところで、

ちまたでは、こしあん派と粒あん派で論争がおきているそうですが、あなたはどっち派ですか!?

これって結構好みが分かれますよが、どっちが美味しいのでしょうか・・

永遠のテーマのような気がしますが最後に、どっちが美味しいのか検証してみましょう。

スポンサードリンク

こしあんとつぶあん どっちが美味しい?


こしあん、つぶあん、2つの違いは食感にあります!まずはそれぞれの食感からチェックしてみましょう。

【こしあんの食感】
茹でた小豆を潰して、さらに裏ごしして作るこしあんは、なめらかな食感が特徴的です。

皮がない分、舌触りがとてもよく、それがこしあんの人気の秘密といっても過言ではありません。

伊勢の赤福餅や静岡の安倍川餅などの有名な銘菓にもこしあんが使われていますよ。

【つぶあんの食感】
茹でた小豆を潰しただけの粒あんは、小豆本来のつぶつぶ食感があり食べごたえがあります。

世間では、こしあん派の方より粒あん派の方の方が多いんだそうです。

やはり、しっかりとあんこ感を味わえるのが粒あんの一番の魅力!

あんパンやたい焼き、どら焼などには粒あんがピッタリですが、おはぎももちろん美味しい♥

んで、結局どっちが美味しいの?
あんこの基本的な作り方は同じなので、こしあんと粒あんで食感は違えど味に違いはありません。
つまり、どちらもとても美味しいのです!

サラサラの食感が好きか、ツブツブした食感が好きか・・一番の違いは食感なので、あとは個人の好みの問題ですね(n*´ω`*n)

なめらか食感のこしあんの方がより美味しく感じる人、つぶつぶ食感の粒あんの方がより美味しく感じる人、どちらも同じくらい美味しく感じる人、と好みは人それぞれ。

どっちが美味しいと決めるのはあなた次第♪

あなたが美味しいと感じる方を食べるのが一番ですよ(*´▽`*)ちなみに私はこしあん派ですっ、ツブツブ食感が苦手なのです笑。

おわりに

おはぎとぼたもちの違いをご紹介しましたが、意外と知らなかったという人も多いのではないでしょうか^^

最近では、春と秋どちらのお彼岸にも「おはぎ」「ぼたもち」と呼ばれる事も多いので、あまり気にしすぎる必要はありません。

ですが、このような由来があるということも覚えておくと、子供に聞かれてもすぐに説明してあげられますよ♪

お彼岸はご先祖様に感謝する日、ご先祖様を敬う日です。ご先祖様のことを思いながら、おはぎやぼたもちをいただきましょう。

スポンサードリンク

おすすめトピック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA