100均のくるみボタンキットでヘアゴムを作ってみた♪コツは?

私の趣味はお菓子作り・DIY・ハンドメイドと、不器用だけど手作りする事が好きなんです♪

趣味が多すぎてどれも極める事ができていないのが短所ですが^^;

最近は娘が学校へ行くようになったので、可愛いヘアゴムを作ってあげたいなーと思い、100均のくるみボタンのキットを買って作ってみる事にしました。

キットを使うので小学1年生の娘でも簡単に作る事ができましたよー!自由研究にもおすすめです。

くるみボタンキットを使ったヘアゴムの作り方


材料もそれほど多くないので、全て揃えるとしてもそれほどお金もかからないかと思います。

【材料】
・裁ちばさみ
・チャコペン
・ヘアゴム
・くるみボタンキット(22mm)←お好みで大きさを変えてください
・お好きな生地※厚すぎるとやりずらいので薄手がおすすめ

ほぼ100均で揃えています^^

くるみボタンキットの中を開けて、くるみボタンの上と下を各2個づつとボタンを作る道具と型紙を用意しておきます。

型紙の中心部がくるみボタンになるので、くるみボタンにしたい柄の上に型紙を合わせてチャコペンに印をつけます。

私は目玉焼き柄のくるみボタンにしてみました♪印をつけたら裁ちハサミで切っていきます。

1つのヘアゴムに2個つけようと思っているので、2枚作ってみましたよ♪1個しかつけない場合は1枚でOK!

切った生地を透明のキットの上に置く(柄が下になるように)、更にその上からくるみボタンの上をのせておく。

上から力を入れてグッとキットの中に生地とくるみボタンの上を押し込みましょう。
押し込むとこんな感じになるハズです↓

同じようになりましたか?^^

次は残った生地を手で折り目を付けて、くるみボタンに押し込みましょう。
ここでしっかりと押し込んでおかないと、くるみボタンがゆるーい感じに出来上がってしまうのでしっかりと押し込んでおきます。

押し込んだらくるみボタンの下部分を乗せましょう。

そしてその上から赤い打ち具を乗せておきます。

思いっきり指で押し込んでくるみボタンの上と下を合わせましょう。

画像は指で軽く押している感じに見えますが、実際は思いっきり力を入れないとくるみボタンが完全に押し込まれないので、私は立ち膝で全体重を指にかけてやっています^^;

完全にくるみボタンの上下がハマった時に「ブチ」って音が聞こえてくるはずなので、それの音を目安に押し込んでみてくださいね。

取り外したらくるみボタンが完成しているはずです♪
可愛い♥

同じようにもう1個作ったら、早速ヘアゴムを作ってみましょう!

ヘアゴムの作り方

ヘアゴムの付け方ですが誰かに売るという場合だと、結び目を見えなくしたりする方が見栄えが良いのかもしれません。
でも今回は自宅で使うものなので、思いっきり結び目が見える普通のやり方です^^;

まずはヘアゴムを好みの長さに切ってくるみボタンを2つ通しましょう。

通したら結んで完成!簡単すぎ~( *´艸`)

お子さんの好きな柄で作れば、絶対に喜んでくれますよっ。

少ない生地でできるので、色々な柄でチャレンジしてみてくださいね。

リバティのはぎれも使ってみました!

大きめのくるみボタンを1個つけてあげても可愛いので、お子さんのお好みに合わせて作ってみてくださいね。

簡単なのでプレゼント用にもおすすめー!
クリアケースに可愛い折り紙を切って入れただけで、それなりのラッピングになりますよ♪

プチプレゼントやバザーなどにも良さそうです。

まとめ

画像をふんだんに使いくるみボタンの作り方を紹介しましたが、なにせ説明が下手(T_T)

わかりにくい部分あれば指摘してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA