敬老の日の花の定番といえば?花言葉にも注目して選んでみよう!

この記事の所要時間: 526

敬老の日にお花をプレゼントしよう!と思ってみたものの

敬老の日ってなんの花を贈ればいいんだろ?
敬老の日にふさわしい花ってあるのかな?

いざ贈ろうとなっても、どんなお花を選べばいいのか不安になりますよね。

それを解決すべく、今日は敬老の日に贈るお花の定番と、花言葉にも注目したおすすめのお花を紹介します(*´▽`*)

スポンサードリンク

敬老の日に贈る定番の花は?

母の日の定番と聞かれると「カーネーション」と答えられますが、敬老の日の定番を聞かれても「??」となりますよね^^;

実は敬老の日の定番といえば「リンドウの花」なんです。

リンドウは秋の代表的な花で「長寿の花」とも言われている縁起の良い花なんですよ♪

敬老の日である秋に旬を迎える花という事もあって、フラワーギフトの定番となっています。

花言葉を調べてみると

・正義
・勝利
・愛情
・誠実
・高貴
・悲しんでいるあなたを愛する

こんな意味がリンドウにはこめられています。

花言葉だけ見ると敬老の日にあてはまる言葉は「愛情」くらいでしょうかね^^;

実はリンドウの根は竜胆(りゅうたん)と呼ばれる生薬で、胃や食欲不振に効果のある漢方として使われているんです。

リンドウは体に良い漢方を作れる、という理由からリンドウは【健康的な花】という印象が強く

「健康に勝って(勝利して)欲しい」との願いを込めて、敬老の日にリンドウの花を渡すのが定番となったようです。

聖徳太子が官吏(現代でいう官や省で働く人)の位を①紫②青③赤④黄⑤白⑥黒と色で決め、位の高い人や尊敬される人ほど紫色を使っていたため、現代ではリンドウの紫色を尊敬の意味を込めて敬老の日に贈ってる、という所説もあり。

リンドウの花は敬老の日の定番ではありますが、他の花ではダメという訳ではないので、あなたが贈りたい花をプレゼントするのもオッケーですよ!

リンドウ以外にもおすすめの花はたくさんあります。

スポンサードリンク

敬老の日におすすめの花は?

敬老の日におすすめの花 バラ

実は父の日の定番の花は、バラって知ってましたか(^▽^)/

バラは敬老の日にも大活躍できる、花の中でも王様的ポジションで、花束やアレンジメントでも華やかなプレゼントになりますよ。

花言葉は色によって異なりますが、お勧めはピンク、白、紫、オレンジの4色です。

ピンク:しとやか、上品、感銘
白:純潔、深い尊敬
紫:気品、誇り、尊敬
オレンジ:絆、信頼、さわやか、健やか

逆に、避けたいのが黄色のバラで、黄色のバラの花言葉は「愛情の薄れ」「嫉妬」など、あまり印象がよくないため他の色にしましょう。

敬老の日におすすめの花 ガーベラ

ガーベラは一年を通して流通していますが、開花期が春と秋の年に2回あり、9月の敬老の日のプレゼントとしてもぴったりです。

たくさんの細い花びらを水平に大きく開いて咲くガーベラは元気でハツラツとした印象を与えます。

ガーベラ全体の花言葉は「希望」「常に前進」「前向き」「美しさ」といったポジティブな言葉が多く、花言葉を添えてプレゼントしても喜ばれそうです。

色別のガーベラの花言葉は次の通りです。

ピンク:熱愛、崇高美、思いやり
オレンジ:冒険心、我慢強さ、忍耐強さ
黄色:究極美、親しみやすい、優しさ
白:希望、律儀、純潔

敬老の日におすすめの花 ラン

開花期間が長く、豪華な印象のランも人気があります。

大ぶりの高価なものから、テーブルの上に飾るようなコンパクトサイズのものまでありますので、予算に合わせて選ぶこともできます。

ランの花言葉は「愛情」「優雅」「上品」と、花のイメージそのものです。

中でも、胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」で、花びらの形を文字通り蝶々に見立てたものになっています。

菊、ネリネは仏事の花で、シクラメンは「苦しみ」下向きに咲く花は「首がたれる」とのイメージがあるので、贈るのはNGです!

感謝や健康という意味のある花

敬老の日は「いつもありがとう」「これからも元気でいてね」という感謝や健康でいて欲しいと願いを込めて花を贈る方も多いですよね。

そんな時にはこちらのお花がとってもおすすめ♪

感謝、健康の花言葉を持つ花
・ピンクのカーネーション:感謝の心、あたたかい心
・カスミソウ:感謝、幸福、無垢の愛
・ワレモコウ:感謝、愛慕
・黄色のマリーゴールド:健康
・アロエ:元気、健康
・ピンクの紫陽花:元気な女性
※映り気や浮気などマイナスイメージの花言葉もあるので注意!
・セイタカアワダチソウ:元気、生命力

お年寄りは花言葉の存在を知らない事も多いので、メッセージに一言添えて教えてあげると嬉しさ倍増(*’ω’*)

おわりに

2018年の敬老の日は9月17日なので、プレゼントを贈る場合は早めに注文しておきましょうね。

ちなみに鉢植えとアレンジメントどちらにしようか悩んだら

・普段から花を育てていて手入れに慣れている方なら鉢植え
・花の知識があまりない、花が好きかもわからない場合はアレンジメント

というように決めてみると良いと思います。

定番の花にとらわれずに、プレゼントする相手の好きな色やイメージに合わせて選んでみるのもおすすめですよ。

スポンサードリンク

おすすめトピック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA