表情筋とは?鍛えるメリットと簡単なマッサージ法を紹介!

顔は人の第一印象を決めると言っても過言ではありません。

表情筋が衰えていると老けた印象になりがちで、暗く元気がなさそうだなと思われてしまうことも。

女性はどれだけ年齢を重ねても、若く美しい印象で見られたいですよね♪

では表情筋を鍛えることでどんな効果が得られ、どんなメリットを感じることが出来るのでしょうか。

実は表情筋は意外と簡単に自宅で鍛えることができるんですよ。

どんなマッサージ法で鍛えられるのかご紹介しますので、是非実践してみてください。

表情筋ってなんだ?


表情筋って名前は知っているけど、詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか。

簡単に言うと、表情筋とは目や口、鼻などを動かす為の筋肉のコトです。

顔には全部で30種類以上の筋肉があり、それらが各自正常に動かせることで、人間の様々な表情を作ることができます。

しかし、実際に日常生活では30パーセントほどしか筋肉を使うことが出来ていない為、どんどん筋肉が衰えてしまうのです。

表情筋が衰えてしまうと、顔のハリが失われたり、顔のバランスが崩れ、たるんだりシワができやすくなってしまいます。

いわゆる顔の加齢が進んでしまうということなのです。

では特に大切な表情筋を詳しくご紹介しますね。

・前頭筋
眉の上から伸びている筋肉で、眉を上げる時に使われます。
前頭筋が衰えてしまうと、額にシワができやすくなってしまいます。
・眼輪筋
目の周りに囲むようにある筋肉です。目を開閉するときに使われるのですが、眼輪筋が衰えてしまうと、目尻にシワが出来てしまったり、上まぶたがたるみ老けて見えてしまいます。
・頬筋
頬筋は上顎と下顎の関節から口角の部分まで伸びている筋肉です。頬筋が衰えることで、角が下がりがちになり、普段から暗い表情に見えてしまったり、明るいイメージが欠けます。
・口輪筋
口輪筋は唇の周りにある筋肉です。口元は様々な表情を作るときにとても重要となる部位ですが、口輪筋が衰えていると口元がたるんだり、シワができやすくなったりします。
・頤金
頤金は口元から顎の部分にかけてある筋肉で、下顎を持ち上げてくれています。
しかし、頤筋が衰えていると、下あごが正常に持ち上がらなくなり、顎のラインがたるみます。
二重あごができやすくなってしまうのです。

表情筋を鍛えるメリットは?

表情筋を鍛えることで得られる嬉しいメリットはたくさんあります。

・表情豊かな人に
表情筋を鍛えることで得られるメリットは、表情が豊かになるという事が最大のメリットだと言っても過言ではありません。
表情筋が鍛えられていると、とても明るく素敵な笑顔が自然と出来るので、明るく美しい人だと思われるようになるでしょう。
無表情な人と話しているよりも、表情が豊かな人と話していたほうが楽しいですよね。

・シワやたるみの改善に
表情筋を鍛えることで、シワやたるみが目立たなくなります。
シワやたるみが目立たなくなることで、見た目年齢が実年齢よりも若く見られるようになるでしょう。

・小顔に
小顔は見た目が美しく見えますよね。
表情筋が衰えていると顔がたるむばかりではなく、むくみやすくもなり、顔が大きく見えてしまいます。
表情筋を鍛えることで、リフトアップ効果があるため、小顔に見えるようになるのです。

顔が大きいと悩んでいる人は、表情筋が衰えてしまっている可能性がありますよ。

表情筋の簡単なマッサージ法は?

表情筋って何?というところで紹介しましたが、顔には様々な筋肉があるので各部分を鍛えることで、表情筋が各部正常に作用するようになります。

各部の表情筋を鍛えることが出来る簡単なマッサージ法をご紹介します。

・前頭筋

前頭筋を鍛えるためには、眉を上げ下げすることで鍛えることができます。
しかし、単に眉を上げ下げするだけではおでこに横シワができてしまう可能性があるのです。
そこで横シワが出来ないようにおでこを手のひらで抑えて上げ下げしましょう。
また、何度も上げ下げするよりも、おでこを上げた状態で数秒キープするという方法を繰り返すことで、より効率的に鍛えられるのでおすすめです。

・眼輪筋

眼輪筋肉は目を強く閉じ、素早く開くというのを5秒ごとに繰り返すことで鍛えられます。
また、もう一つの方法として目を大きく見開き、目を∞を書くように回すことでも鍛えられます。
このトレーニングを数日繰り返すだけで目がパッと見開き大きく見えるようになるというほど効果絶大です。

・頬筋
口を「お」と発音する形にして前に突き出します。そのまま限界まで下へ下げていきます。
この動きを10回ほど行うだけで頬がぽかぽかとしてきます。頬筋が正常に動き鍛えられている証拠です。
最初は少々難しく感じるかもしれませんが、回数を重ねるたびに上手く行えるようになり、簡単だなと思うようになり負担が少ないと感じるようになったら、徐々に回数を増やしてみるのもおすすめです。

・口輪筋
口輪筋の鍛える方法がいくつかあるので、やりやすい方法を選んで実践してみてください。

【舌回し運動】
歯の表側の部分に舌を添えます。そのままグルグルと回すだけで口輪筋が鍛えられます。右回り左回りを行います。方法的にはとても簡単なので余裕そうだなと思いがちですが、実際に行ってみると結構辛く、筋肉が使われていなかったのだなと実感します。
最初は口周りがかなり疲れ痛いと感じることもあるので、10回くらいから初めて徐々に慣れてから回数を増やしていきましょう。
【口笛】
実は口笛を吹くだけで口輪筋が鍛えられるのです。楽しく鍛えられるので良いですね。
【口角を上げて笑う】
鏡を見ながら笑顔を作り、口角を上げるように意識してみましょう。口角を上げて笑う事を繰り返すことで筋肉が鍛えられるだけではなく、普段笑顔も鏡で見ながら行う口角が挙がった明るく美しい笑顔が自然と出来るようになります。
歯を見せて口角を上げて洗ったり、口を閉じた状態で口角を上げて笑ったり、いろいろな笑顔を鏡の前で作ってみましょう。

・頤筋
頤筋の鍛え方としては、真上を向き下唇を突き出すようにします。
3秒突き出した状態をキープしたらゆっくりと戻し、もう一度というのを数回繰り返します。

まとめ

表情筋は意識しないで過ごしていたら、どんどん衰えてしまいますが、少し気にかけ鍛えることで衰えは防ぐことができます!

部位ごとに適切なトレーニングを続けることで、表情はかなり見違えるほど明るくなり、見た目年齢は若返りますよ。

表情筋を鍛え、明るい表情が常に作れるようになると、周囲へも明るさが伝染しますし、自分も明るく生活できるようになるでしょう。

私も頬のたるみが気になる40代‥気持ちは20代なのに~((((oノ´3`)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA