引越しの挨拶をする時期とおすすめの時間帯は?不在の時の対処法

この記事の所要時間: 244

引っ越しが決まったら、しなければならないことはたくさんありますが、ご近所への挨拶もその一つです。

引っ越しの挨拶は、今までの近所の人たちへは、今までお世話になった感謝を伝え、これからお世話になるご近所の方へはこれからよろしくお願いします、という気持ちを伝えるものです。

特に新住所での挨拶は、ご近所さんと初めて会い、自己紹介をする場でもあります。

そっこで引っ越しの挨拶について、時期や時間帯、不在時の対応についてまとめてみました。

スポンサードリンク

引越しの挨拶をする時期は?


引っ越しの挨拶は新住所、旧住所ともに引っ越しの1週間前〜前日までに済ませておくのが理想です。

引っ越しの際には大きなトラックが止まり、騒音がしたり荷物の搬入で生活に必要な道路をふさいでしまったりと、少なからず迷惑をかけてしまいます。

そのため、事前に挨拶とともに引っ越しの日時を伝えておくと親切です。

引っ越しの日程が決まったら挨拶の予定も考えておくと良いでしょう。

とはいうものの、何かと準備することの多い引っ越しですので、気がついたら引っ越し当日になっていた、なんてこともあるかもしれません。

また、新住所へ行く機会が引っ越し当日まで作れない場合もあるでしょう。

そのような時は、当日でも構いませんよ。

もしも引っ越しそのものの時間が遅くなり、当日中に挨拶できない場合は、翌日以降なるべく早くご挨拶に伺うようにしましょう。

おすすめの時間帯は?

引っ越しの挨拶はなるべく早い時間に済ませましょう。

1日の中で特におすすめの時間は、午後1時〜4時頃までの明るい時間帯です。

それ以上遅くなると夕食の準備などで忙しくなり、迷惑になる場合もあるからです。

しかし、なるべく早く挨拶は済ませたいものですよね。

個人的には7時くらいまでなら、許されるかな、と思います。

それ以降は家族のプライベートな時間帯ですので、後日に改めて訪ねる事をおすすめします。

スポンサードリンク

不在だった場合はどうする?

挨拶に行っても皆が皆、在宅中とは限らないので、日中留守だった場合は、夕方もう一度行ってみましょう。

それでも留守の場合はまた翌日、ということになりますが、特に新住所のご近所さんには、一言箋にお手紙を書くとよいでしょう。

「この度隣に引っ越してまいりました、〇〇と申します。
ご挨拶に伺いましたがお留守のようなので、また後日改めてまいります。」

と、こんな感じです。

近所であれば引っ越してきたことはわかっていますので、当然どんな人が来たのか気になっているはずです。

顔を合わせられなくても、早々に挨拶をする意思があることを伝えておくと、安心してもらえます。

まとめ

ご近所付き合いは、一度仲がこじれたり悪い印象を与えてしまうとそれを取り返すのは意外と難しいものです。

必要以上にべったり仲良くすることはありませんが、良好な関係を保つことは生活する上で大切です。

特に新住所への挨拶は、既存のコミュニティに自分たちが加わることも多いため、第一印象は良くしておきたいですよね。

気持ちよく新生活をスタートできるようぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめトピック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA