ハロウィンの子供工作♪幼児でも簡単に作れる紙コップ作品4選

今年もハロウィンの季節が近づいてきました。

ハロウィンの時期になるとランタンや置物などのインテリア小物がお店に並びますが、お子さんと一緒に手作りすれば作る工程も含めて楽しますよね。

そこで、親子やお友達と一緒にハロウィン気分を盛り上げる紙コップを使った簡単工作をご紹介します。

簡単に作れるハロウィンの紙コップ工作


まずは初級編!簡単に作れるランタンからご紹介します♪

おばけのジャック・オ・ランタン

【作り方】
①紙コップにおばけの顔を描き、口の部分をカッターで切り抜きます。
②中にLEDライトを入れて出来上がりです。

暗いところに飾ればムード満点です。

口だけでなく目の部分もくりぬけば光がたくさん漏れて表情豊かになります。

紙コップの色をオレンジにするとぐっとハロウィンらしくなりますね。

LEDライトは100均で手に入りますよ。

続いてご紹介するのはかぼちゃ型の小物入れです。

手作り!紙コップランタン

【作り方】
①オレンジ色の色画用紙を用意し、その上を紙コップを転がして円周の長さに切ります。
②切った色画用紙を8等分におり、上3センチを残して、折った線を切ります。
③残した3センチの部分に両面テープをつけ紙コップの内側にぐるりと貼り付けます。
④そのまま紙コップを裏返し、放射線状にひらがった色画用紙の端に両面テープをつけて、紙コップの底に重ねて貼っていきます。
⑤余った色画用紙で持ち手を作り、色紙などで目や口を貼り付けて出来上がりです。

ハロウィンといえばおなじみのかぼちゃをかたどったもので、子供達のハロウィンパーティーのお菓子入れにぴったりですよ★

いないいないばあ遊びができるハロウィンおばけ

【作り方】
①外側の紙コップに円形の穴を開けて窓をつくります
②①の紙コップの中にもう一つ紙コップを入れて重ね、窓の中にくる部分に顔を描きます。
③お好みでペンやマスキングテープで飾りつければ完成です。

窓の大きさにもよりますが、内側の紙コップに3箇所くらい顔を描くことができます。

どちらかの紙コップをくるくる回すことでいろんな表情のお化けが楽しめますね。

外側の紙コップには手をつけたり好きな模様をつけたりといろいろとアレンジしてみましょう!

最後にご紹介するのは紙コップを使ったムクムクおばけです。

ビニール袋を紙コップでムクムクおばけ

【作り方】
①紙コップの下の方にキリで穴をあけてストローを差し込みます。
②差し込んだストローにマジックでおばけを書いたビニール袋をテープではりつけ、紙コップの中にビニール袋が収まるように小さくたたみます。
③ストローから息を吹き込むとビニールのおばけがムクムクと膨らみます。

ビニールはよくある半透明のものでもいいですが、傘を入れる細長いものがあると細長いおばけがムクムクと膨らんで楽しい感じになります。

どれも子供と一緒に作れる簡単な工作ばかりなので、親子で楽しみながら作ってみてくださいね^^

まとめ

紙コップを使ったハロウインの工作を4つご紹介しました。

紙コップなら扱いやすく、失敗しても何度でもチャレンジできますね。

今年のハロウィンは手作りで家族で楽しみましょう( ^ω^ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA