カードの磁気が使えない原因と対処法!自力復活はやっぱ無理?

カードを使おうと思ったら磁気の不良で使えない!という経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

私なんかデパートの2階ではクレジットカードを使えたのに、1階では磁気不良で使えなくなって

[voice icon=”https://kurasinobenrimemo.com/wp-content/uploads/2018/07/smile3.jpg” type=”r kanri”]はっ、数分前まで使えてたじゃん!意味がわから~ん!![/voice]

となる事が結構あるんですよね・・これってなんなんでしょ、一度や二度じゃないんですよ。

クレジットカード以外にも、ATMに行った時にキャッシュカードの磁気が使えなかった時は焦りました(;・∀・)

そんな事が立て続けに起きると、自分の体に問題があるのでは?と思ったりもしたのですが、どうやら他にも原因がありそうです。

今日は考えられる原因とカードを再発行する前に、復活できないかリサーチしてみました。

カードの磁気が使えなくなる原因は?


カードの磁気が使えなくなるのは

□磁気部分が汚れている
□磁気部分が傷ついている
□カードが曲がっている
□強い磁気をあびた
□使いすぎ

この5つが大きな原因となっている場合が多いです。

カードの磁気部分はとても繊細なもので、少しの汚れや傷で磁気が弱くなり使えなくなり、カードが曲がっていたり変形しても影響があります。

この5つの中で一番注意したいのが 【強い磁気をあびていないか】という事。

カードの磁気は他の磁気が苦手なので、磁石に近づけたり、他の磁気が付いているカードに近づける事で使えなくなる場合があります。

[voice icon=”https://kurasinobenrimemo.com/wp-content/uploads/2018/03/hatena.jpg” type=”l”]私、そんな事してるかなぁ。結構大事に使ってるんだけど・・[/voice]

そんなあなた!まずはこちらのチェックリストをやってみてください。

□カード同士を重ねて収納している
□スマホケースにカードもいれている
□財布やカードケースにいれずにそのまま持ち歩いている
□財布や鞄に磁石のボタンがついている
□よく落とす

このようなことに心当たりはありませんか?

これらの行動は全てカードの磁気不良の原因を引き起こす可能性があるんですよ!

カード同士を重ねるとお互いの磁気が影響しあってカードの磁気がダメになってしまうことがあります。

また、スマホは磁気を発しているので、常にスマホの近くに収納していると使えなくなってしまうことがあるんですね。

財布や鞄も同様で、磁石のついたものを愛用しているとカードの磁気に影響がでてしまう可能性も。

よく使うカードだと、カードリーダーに通しすぎて磁気部分に傷がついたり、摩れてしまったりして使えなくなることもあります。

普段何気なく行っている行動がカードの磁気をダメにしている事があるなんて、ビックリですよね。

カードの磁気の特性を知って磁気に影響が出ないように保管・収納することで突然の「カードが使えない!」を防ぐことができますよ。

[voice icon=”https://kurasinobenrimemo.com/wp-content/uploads/2018/07/namida9.jpg” type=”l kanri”]私の磁気が使えなくなる原因は【スマホケースの磁石部分】でした。スマホケースを買い換えたらピタッとおさまりました![/voice]

ただ、ここに辿りついた方は既に磁気が使えないカードを持っている方が多いとお見受けします笑。

磁気不良=再発行という流れになるのですが、電話したり出向いたりしなくてはならなくて、正直面倒!!

どうにか自分で復活できないもんか、気になりますよね。

使えなくなったカードの磁気を復活させる方法はある?


再発行の前にまずは自分でできる事をやってみましょう。

まずはカードを乾いた布で優しく拭いてみましょう。※裏のストライプの部分を特に綺麗にして下さい。

磁気の部分の汚れが原因だとしたら、これだけで復活するかもしれません♪

それでも復活しない場合・・

【カード裏の磁気部分にセロテープを貼る】という方法もあります。

セロテープを貼ることでカードと読み取り機の間に隙間をつくり、余分なノイズを検知しにくくしてカードを読み取りやすくすることができるんだそう。

ただし、この方法はカードの発行元が認めているやり方ではないので、テープを貼ることによって読み取り機に不具合をおこしてしまう可能性もあります。

機械を弁償しなくてはならない場合もあるかもしれないので、この方法は「自己責任で」という事になるんです。

そんな危険をおかしてまでやる事ではないので、私はおすすめしません(T_T)

つまり、磁気が使えなくなったら 素直に再発行するのが一番良い方法かと思いますよ~★

面倒だけど頑張りましょう^^;

カードを再発行する時の手順まとめ


カード別に再発行方法をご紹介します。

銀行カードの再発行手順

銀行のカードは店舗まで足を運んで再発行の手続きをするのが基本です。

・使えなくなったカード
・通帳
・通帳を作った時に使用した印鑑
・本人確認ができるもの

以上を持参して銀行の窓口で「カードの磁気が使えなくなりました」と言って手続きしましょう。

手続きが終わると1週間前後で新しいカードが自宅に郵送されてきます。

再発行手続きは銀行によって電話や郵送で手続きをしてくれる事もあるので、各銀行に問い合わせてみてくださいね。

ただし、店舗へ出向くよりも時間がかかるのがデメリット!

ネットバンキングの場合は店舗がないので、再発行手続きもネットからになります。

クレジットカードの再発行手順

クレジットカードを再発行する為には、まずはカード会社のサポートデスクに電話する必要があります。

電話をしてカードを再発行したい旨を伝えると必要な書類を郵送してくれますので、そちらに記入して返送しましょう。

書類を送ってから2~10日位で新しいカードが届きます。

ただし、クレジットカードを再発行する時に注意しなければいけないことが2つあります。

1つ目は手数料がかかるということです。

銀行のカードは手数料は必要ありませんが、クレジットカードは更新時以外の再発行をすると500~2000円程度の手数料がかかります。

金額はカード会社によって違いますが、手数料がかかるということは覚えておきましょう。

2つ目はカード番号が変わる場合があるということです。

磁気不良で再発行する場合には基本的にはカード番号はそのままという場合が多いですが、変わってしまうという場合もあるようです。

公共料金などをクレジットカード払いにしている場合には、カード番号が変わったという手続きが必要になりますので注意しましょう。

ポイントカードの再発行手順

ポイントカードの再発行はカードを発行している会社のサポートデスクに電話をする、もしくは店まで足を運んで再発行してもらうという方法があります。

ポイントカードを再発行する時に一番気になるのは貯まっているポイントを移行できるのかどうかですよね。

移行できることが多いようですが、こればかりはカードを発行している店によってまちまちなので、発行元に確認するようにしましょう。

カードの磁気が使えない場合の原因と対処法!まとめ

突然カードが使えなくなると本当に困ってしまいますよね。

私は万が一のためにカードは数枚持ち歩くようにしています^^;

磁気不良になる原因は毎日持ち歩くカバンの中に問題がある場合が多いので、頻繁に磁気不良になる場合は一度確認してみてくださいね。

意外なところに落とし穴があるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA